王安石の新学新法


 千年も前の中国の話? そんなの関係ない、と言うなかれ。じつは現代日本の政府や大企業の問題状況ととても似ている。

 五代十国時代(907〜79)と言うと、なにかとても混乱していたかのようだが、隋や唐のような安定した統一王朝が無かった、というだけで、かならずしも戦乱に明け暮れていたわけではなく、じつはむしろこの時代に、地方ごとの小国がたがいに競って内政充実に努め、地域産業と商業経済が飛躍的に発達した。

 979年にようやく宋朝が中国を再び統一。隋唐同様の律令制で国家の体裁を整えたが、賦役(労働徴用)など、もはや産業と経済の実態に合わず、多くの役職が「冗官」として無意味に残存する一方、時代に対応するために「使職」と呼ばれる役職が大量に増設され、官僚の数が爆発的に増大。彼らは、とくに華北で、その免税特権を駆使して官僚と商人と地主を兼ね、地方名家として地域を寄生支配する「士大夫」階級となっていた。この富裕連中の搾取のせいで、庶民は統一前よりも貧しくなって税収も減り、おまけに西北異民族との長引く戦争で国家財政は赤字に転落。

 王安石(1021〜86、37歳)は一地方官にすぎなかったが、1058年、政治改革を上奏して注目を集め、69年、実質的な宰相に抜擢される(48歳)。彼はもとより新興南部の出身で、華北の士大夫(地主商人官僚)のような利権とは無縁であり、科挙を改革して自分に賛同する有能な若手のみを大量に登用し、これを中央や地方に配置、士大夫たちの旧来の既得権を制限、自立した中小の商人や農民の育成を図る「新法」(「熙寧変法」)を強引に実施した。

 王安石が独善的に科挙の正解とした「新学」は、儒学は儒学でも、従来の訓古学のような些末な古典知識の膨大な寄せ集めではなく、古典の一つで周王朝の理想制度を論じた『周礼』(しゅらい)の斉民思想に基づく。すなわち、一国の下で万民はみな等しくあるべきであり、その習俗を統一し、抑強扶弱することこそが義とされる。ただし、天道の聖と人道の仁は表裏一体であり、義に徹してこそ、国や民の利ももたらされる、と考えている。王安石は、この万民習俗の理想として『孟子』の性善説を考え、これを従来の古典や『論語』と並ぶものとして重視した。


旧法党の反撃

 この新学と新法党の改革は、当然、旧来の儒学を学んできた既得権側の華北士大夫階級から大きな反発を招いた。その中心となったのが、司馬光(1019〜86、51歳)。これに劉摯(1030〜97、39歳)、程顥(ていこう、1032〜85、37歳)、蘇軾(1037〜1101、32歳)らの中堅若手が加わり、「旧法党」と呼ばれた。王安石は配下の新法党とともに対決の姿勢を崩さず、旧法党を次々と地方に左遷し、権力を独占して、改革を強引に推し進めた。

 74年の大旱魃をきっかけに、王安石はわずか5年で失脚。しかし、政権内部に新法党は根強く残り、混乱を悪化させた。開封の朝廷を追われ、西の洛陽に落ちていた司馬光とそのシンパの「洛党」は、徹底的な反撃を開始し、外野から新法廃止を要求する。一方、河北出身者が多い主流の劉摯ら「朔党」は朝廷に戻って、官僚内で新法党と対立。程顥は、洛陽出身ながら、中央の政争に懲りて、地方官として転々とすることに甘んじ、学問に生きた。蘇軾も、左遷された荒れ地の湖北でなお悠然と詩や書に親しみ、融和寛容な解決を求め、彼を慕う官僚たちが「蜀党」となった。

 旧法党は、なにも自分たちの士大夫としての利権を守るためだけに新法に反対したのではない。現実問題として、いくら制度を変革しても、その実務を遂行できる有能な人材は、当時の中国において、地方名家出の士大夫たちのほかに存在していなかったのだ。王安石が新学科挙で在野の逸材を集めようとしたとはいえ、実際の新法党は、従来の士大夫の利得をわがものにして人生の一発逆転を図ろうという、権勢欲に目がくらんだ、うさんくさい小物連中ばかり。学識や公平性、道徳観、指導力という意味では、すでに裕福で鷹揚で、地域での人望を集めている従来の士大夫たちのほうが、はるかにましだった。

 もちろん、司馬光も、士大夫ばかりが安穏と裕福になり、庶民が貧しいままで、国家財政が傾くような状況をよしとしていたわけではない。彼は、王安石が中心に据えた『孟子』を、君臣の義を軽んじて革命をも認めている、として批判する一方、「洛学」として、『礼記』(らいき、礼に関する論文集)の中の『大学』を取り上げ、その序の、天賦の才は等しくはありえない、だから世間に秀でた者が庶民を治め教えるべきだ、との節を引いて、王安石の斉民思想を批判。地方振興の原動力として、まさに士大夫たちが必要だ、と主張した。しかし、そのためには、士大夫は物欲を斥け、以下、『大学』に述べられている八条目に従って自己研鑽に努め、ひいては天下を治める気概をも持たなければならない、とした。

 一方、同じ旧法党でも、あえて地方官として生きることを選んだ程顥は、自然を愛し、天理を学び、その中に「道」としての一体の気を直観的に感じ取り、庶民はもちろん世界の痛みや喜びを自分のものとする「仁」をめざした。ここにおいて、彼は、司馬光と違って、王安石が理想とした、性善説の仁を解く『孟子』を高く評価し、後に彼の思想は「道学」と呼ばれることになる。また、文人の蘇軾は、『孟子』は嫌ったものの、艱難苦境にあっても動じない内面の強さを磨くことを求め、儒学のみならず、道教や仏教をも学び、三教合一の「蜀学」を興した。


変転と混迷

 85年、新法党を擁護してきた皇帝神宗が死去、新皇帝哲宗(てっそう)がわずか10歳で即位すると、祖母后が実権を握り、旧法洛党の領袖、司馬光(66歳)を宰相に。先に朝廷に戻っていた旧法朔党の劉摯らは、司馬光を焚き付け、新法および新法党の一掃を図る。洛陽出身の温和な程顥はあえて地方で学問に生きることを選んだが、その弟、程頤(ていい、1033〜1107、52歳)は、もともと科挙に失敗して官僚にすらなれなれず、在野に埋もれていた。にもかかわらず、厳格な修養によって、だれでも聖人君主になれる、との屈折した考えを抱き、古代儀礼に執着拘泥した。博覧強記で復古主義の司馬光は、この程頤を好み、自分の後継者として強引に新皇帝の側近に送り込んだ。

 しかし、翌86年、司馬光が死去。代わって融和寛容な旧法蜀党の蘇軾(49歳)が呼び戻される。彼らは新法にも一定の理解を示し、全面復古や派閥対立を好まなかったが、司馬光の意向を継いだ程頤は、新法絶滅はもちろん、それ以上に、現実の政治状況を無視したまま、学識の信念のみに基づいて古式回帰を強硬に主張し、蘇軾らは、やむなくこれを辞めさせた。しかし、これがきっかけでかえって旧法党内での派閥対立を起こしてしまい、新法党復帰を認め始めていた旧法朔党も反蜀党に回り、91年、蘇軾は失脚。94年、哲宗が親政を始めると、新法党が再び政権を握り、旧法三党を左遷追放。1100年、哲宗が死去し、弟の徽宗(きそう)が即位して、新法党でも穏健派に入れ替え、ようやく対立を収めようとしたが、容易な状況ではなかった。

 もはや成り上がり官僚たちの新学新法が主流であり、地方名家だった旧法党の士大夫たちには中央官僚としての栄達の道は閉ざされた。しかし、ここにおいて「洛学」の司馬光の構想、士大夫こそが地方振興の原動力として必要とされている、との自覚が彼らに芽生えてくる。中央官僚として栄達せずとも、地方にあって一体の気を感じて天理を知る八条目の厳格な修養によって、天下を治めるに等しい聖人君主となれる、との程顥程頤兄弟の考え方は、彼らに新しい生き方を与えた。そして、ここに朱子学が生まれてくる。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka. 大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門 は哲学、メディア文化論。著書に『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)