米Yahoo!は22日、2014年後半に同社の社内ネットワークから少なくとも5億人の個人情報が流出したと発表した。

 流出した個人情報には、名前、メールアドレス、電話番号、生年月日、ハッシュ化されたパスワード、場合によっては秘密の質問と答が含まれているとされている。なお、保護されていないパスワード、クレジットカード情報、銀行口座情報は含まれていないそうだ。Yahoo!は、今回の流出は「国家的支援による行為」から行われたものと推測。この件に関して法執行機関と協力すると述べている。

 同社は影響を受けた可能性のあるユーザーに通知し、アカウントを保護するための措置を講じている。2014年以降にパスワードを変更していないユーザーは新たに変更するように呼び掛けている。

 また、不審なアクティビティを確認し、Yahoo!アカウントに使用したものと同じまたは類似した情報を使用している他サービスのアカウントのパスワード、秘密の質問と答を変更するように推奨している。

 日本のヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)によれば、「公式な回答ではないが、Yahoo! JAPANとYahoo! Inc.は別会社になるため、Yahoo! JAPANユーザーへの影響は見られていない。しかし、Yahoo! Inc.のサービスを使った日本人への影響は把握していない」としている。

米ヤフーの情報流出について報道がされておりますが、Yahoo! JAPANへの影響はありません。

ご心配をおかけし、申し訳ございません。? Yahoo! JAPAN (@Yahoo_JAPAN_PR) 2016年9月23日