オムロンの荷運びロボット

オムロンの荷運びロボット


人も障害物もよけて進むロボット

人工知能(AI)技術を応用し、人も障害物もよけて進む荷運びロボットを、オムロンが発表した。米国子会社が開発した製品。2017年1月20日に世界33か国で一斉に発売予定だ。

製品名は「モバイルロボットLD」。工場、研究施設などへ導入すれば、人とロボットが混在して働く環境をととのえられる。

ロボットは内蔵するレーザースキャナーで周囲の環境を測定し、さらにSLAM技術により移動範囲の地図を作成する。あとは地図とレーザースキャナーの測定結果を照らし合わせて現在位置を把握しながら、人や障害物をどのように動いて避けるかをリアルタイムに考え、最適なルートを選んで、最大130Kgの荷物を目的地まで搬送する。

工場の生産ラインなどが変わっても、いちいちロボットに新たなルートを教え込む必要がない。またカメラを追加すれば物流倉庫のように頻繁に荷物の位置が変化する環境にも柔軟に対応できる。

工場の生産ラインで働くロボット

工場の生産ラインで働くロボット


生産ラインの変化などにも対応する

購入する人がカスタマイズできる「OEM」型と、台車付きでオールインワンの「カートトランスポーター」型の2種類がある。

オールインワン型のロボット

オールインワン型のロボット


オールインワンの「カートトランスポーター」型

最大100台のロボットを1台のコントローラーで管理できるという。