【伊勢】伊勢市小俣町明野の陸上自衛隊明野駐屯地で十三日、成人式が開かれ、新成人の自衛官らが、式典やヘリコプターけん引行事に臨んだ。  成人を迎えたのは九人で、この日は八人が出席。式で、田尻祐介駐屯地司令が「人生の大きな節目。大人になったことを自覚せよ。夢を持ち、目標に向かってチャレンジしてほしい」などと式辞を述べた。  新成人を代表し、岡田郷三等陸曹(20)が「成人として恥じることない言動をし、自衛官として技能を磨き、即戦力となれるよう前進したい」と決意を述べた。  続いて新成人らが、全長約十六メートル、重さ約十一トンの輸送用ヘリ「CH―47」のけん引に挑んだ。先輩隊員らが見守る中、ヘリにつないだロープを力を合わせて引き、十メートルほど進んだ。  ヘリを引いた山口貴奨三等陸曹(20)は「自分たちが自衛隊を引っ張っていけるよう力をつけたい」と話していた。