第95回全国高校サッカー選手権県大会は23日開幕し、紫波町の県フットボールセンターなどで熱戦が繰り広げられる。全国選手権(12月30日開幕、埼玉スタジアム2002など)の出場権を懸け33チームが頂点を競う。  U−18プリンスリーグ東北に参加する盛岡商、盛岡中央、遠野はスーパーシードとして準々決勝から登場。優勝争いも3校が中心となりそうだ。全国高校総体(インターハイ)出場の盛岡商は初戦で慶応(神奈川)に敗れたが、中盤の組み立てと高い攻撃力で得点を狙う。4連覇が懸かる遠野は厚みのある攻撃と堅い守りで再び全国の舞台を目指す。今年の県高校総体、昨年の選手権県大会のいずれも決勝で敗れた盛岡中央は粘り強い攻撃で雪辱を果たせるか。  大会は25日まで県内6会場で行い、準々決勝からは盛岡市の県営運動公園とつなぎ多目的運動場で実施。準決勝からは同市のいわぎんスタジアムに会場を移し、決勝は11月6日午後0時45分にキックオフを予定する。