長野県上田市の上田城南ライオンズクラブ(春原宗明会長)と久慈市の久慈ライオンズクラブ(対馬博貴会長)は21日、台風10号豪雨で大きな被害を受けた同市に、シーツ千枚などの支援物資を提供した。 同県東御(とうみ)市の東御ライオンズクラブ(後藤誠会長)が物資運搬を手伝い、久慈市役所で対馬会長らが中居正剛副市長に託した。  他に提供したのは上田城南から浴衣200着、枕カバー300枚、久慈から大小の土のう袋計2千枚。市は浸水被害を受けた宿泊施設や被災者の生活再建などに活用する。  同県の両クラブはドラマ「あまちゃん」で知名度が上がった久慈の惨状を知り支援を申し出た。対馬会長は「岩手国体も迫り、一日も早く復興してほしい」と願いを込めた。 【写真=久慈市役所に支援物資を運び込む久慈ライオンズクラブの会員ら】