13日の県内は冬型の気圧配置が強まり、内陸を中心に雪が降った所が多かった。盛岡地方気象台によると、上空に強い寒気が流れ込むため、15日にかけて厳しい冷え込みが予想される。山沿いを中心にまとまった降雪が予想され、同気象台は交通機関の乱れなどに注意を呼び掛けている。  葛巻町のくずまき高原牧場では13日、子どもたちがイヌイットの仮設住居・イグルー作りに挑戦。氷点下8度ほどの冷え込みにも負けず、雪塊をそりで運び、次々と積み上げた。  同気象台によると、大学入試センター試験が始まる14日の県内は強い冬型の気圧配置のため、曇りや晴れで、内陸を中心に昼前から夕方にかけて雪の降る所が多い見込み。山沿いではまとまった降り方になる恐れがある。  盛岡地方気象台によると、同日の予想最低気温は二戸氷点下9度、盛岡氷点下8度など。15日にかけてはさらに冷え込みが厳しく、内陸を中心に最低気温が氷点下10度を下回る所も多くなりそうだ。