産後の尿漏れや、骨盤の歪みによる腰痛に悩まされているママは多いようです。運動や整体などいろいろ試しているものの効果が見られず、症状がいつまで続くのか不安になるという悩みに対し、専門家の皆さんはなんとアドバイスしているのか見てみましょう。

ママからの相談:「産後の尿漏れと腰痛はいつまで続くのでしょうか?」


『産後すぐから、尿漏れと骨盤の歪みによる腰痛に悩まされています。くしゃみをしたり子どもを抱っこする時お腹に力を入れると、違和感を覚えます。なるべくお腹に力を入れないように意識したり、膣を締める運動も試しましたが、あまり効果がありません。腰痛も、骨盤矯正ベルトを巻いたり整体に行ったりしましたがほとんど改善されず、疲れがピークの時は酷い痛みで横にならないと良くなりません。この先ずっと続くのかと不安です。 (30代・女性)』

一般的に尿漏れは産後2〜3カ月で治まります

産後の尿漏れはよくあることですが、2〜3カ月で治まることがほとんどだそうです。軽度であればトレーニングや訓練で改善できますが、長期になるほどトレーニングなどでは治りにくくなるようです。

『出産後に尿漏れすることはよくあり、尿漏れの原因はほとんどが骨盤底筋のゆるみによるものです。産後半年を過ぎると骨盤が硬くなってしまい、矯正が難しくなります。(産科医師)』


『一般的には産後の尿漏れは2〜3カ月もあれば治まります。特に1カ月以内には治まることが多いようです。なかには質問者の方と同じように1年以上病院を受診せず骨盤トレーニングなどで経過を見る人もいますが、改善はしても完治はしないという現状に悩んでいる人のほうが多いようです。(看護師)』


『軽い尿漏れでしたら、立った状態で肛門をギュッと引き締める運動を1日数回繰り返す、排尿時に途中で一旦排尿を止める訓練、骨盤底筋を鍛える運動で改善できます。下半身を冷やさないようにし、排尿は我慢しないようにしてください。排尿を控えるために水分を制限するのは、尿を濃縮させ膀胱炎を誘発しますからお勧めできません。(産科医師)』


長期化している場合は泌尿器科の受診も視野に

症状が長期にわたっているうえ、いろいろと試しても効果がなかったということであれば、泌尿器の疾患が関係している可能性もあります。一度受診するのが改善への近道かもしれません。

『産後2年も経過して尿漏れがある場合には、泌尿器の疾患も考えなければなりません。これまで何をやっても効果がなかったのでしたら、一度泌尿器科を受診した方がいいでしょう。(産科医師)』


産後の尿漏れはよくあることで、軽度なら運動や訓練で改善が可能です。しかし、産後長期間経過しており、いろいろと対策を試しているにもかかわらず改善が見られないという場合、疾患が関係していることも考えられるため、一度泌尿器科の受診も検討してみるとよいでしょう。