コンタクトレンズを使用している方の中には、逆さまつげによる結膜炎でお悩みの方もいらっしゃいます。目やにがでたり、目が赤くなったり…。そんなトラブルにどう対処したらいいでしょうか?専門家にお聞きしました。

30代の女性からの相談:「逆さまつげで何度も結膜炎に。コンタクトレンズは外したほうがいい?」


『デイリー使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズを使用しています。子どもの頃から逆まつげで目の表面に傷が出来やすく、結膜炎になると目やにが出てコンタクトが濁ります。このような症状の時、コンタクトを外した方がいいのか、それとも目薬で目やにを取り除きながらコンタクトを使い続けてもかまわないのでしょうか?仕事と生活する上でコンタクトをせず眼鏡で過ごすのが難しい環境なので、良い方法があれば知りたいです。(30代・女性)』

目はとってもデリケート。結膜炎には慎重な対処を!

結膜炎は治療するとすぐに治ります。しかし、結膜炎を何度も繰り返していると視力にも影響します。コンタクトレンズをお使いの場合、結膜炎時の対処は目に負担をかけないようにすることが最優先です。

『結膜炎になった時には、1日使い捨てのタイプのコンタクトレンズであっても装着しないのがベストです。どんなに清潔なコンタクトレンズであったとしても、つけているのとつけていないのでは眼球に与える負担は違います。やはりコンタクトは外したほうがいいです。目薬を使用することですぐに改善するようですが、繰り返し結膜炎を起こすようでは今後視力に問題が出てくる可能性も否定できません。(看護師)』


『結膜炎を予防するためには、清潔なレンズを使用しなければなりません。使い捨てのレンズはいいですが、目やにを拭き取っても、レンズには汚れが付着したままです。結膜炎の症状があるときは、できれば眼鏡を使用してください。レンズの汚れを落としても、目が汚れていては意味がありませんから、レンズを外した後は専用の洗浄液で目も洗いましょう。長時間の使用や、レンズをつけたまま寝るようなことは避けてください。(医師)』


逆さまつげの治療をして結膜炎の原因を作らない!

逆さまつげが結膜炎の原因になっていることが明らかなのであれば、逆さまつげの治療を検討してみるのも一つの方法です。専門家の意見では、結膜炎が起きないようその原因を取り除くことがいちばんの対処法です。

『リスクを承知でコンタクトを使用するのか、それとも眼鏡を使用するのかは相談者様次第です。一番いいのは逆さまつ毛の治療を行うことだと思います。逆さまつ毛が結膜炎の原因のようなので、根本的な治療をするほうがいいと思います。(看護師)』


『目薬をさして症状が治まっても、一時的な対処法ですから、逆さまつ毛が原因と分かっているのでしたら、まずは逆さまつ毛の対策を行った方がいいでしょう。手軽にできる方法は、ビューラーでしっかりまつ毛を上げたり、まつ毛パーマをかけることです。どうしても改善されない場合は、レーザーで焼く方法もあります。(医師)』


コンタクトレンズを使用する方にとって、結膜炎などのトラブルは付きものですが、やはり目の健康を第一に考えて対応することが大切です。逆さまつげの対策に関しても、一度医療機関で相談してみるといいでしょう。