子どもは目のトラブルを起こしやすいですが、結膜炎もその一つです。特に乳児が結膜炎を起こすと重症化する場合があり注意が必要です。子どもの結膜炎の対処法について、医師や看護師の方々のアドバイスをきいてみましょう。

2歳児のママからの相談:「子どもの目が赤く結膜炎と診断されるがすぐ軽快に。本当に結膜炎だった?」


『2歳の子どもの目が赤くなっていたので、眼科へ連れていきました。赤くなっていたのは左目だけで、右目は何ともありませんでした。目やにはほぼなく、少し目を擦っていたようで、眼科で結膜炎と診断され目薬を処方されました。子どもが嫌がるので目薬を上手くさせず、翌日からは目薬なしで様子を見ましたが、その夜にはすっかり赤みが消えました。これは結膜炎が自然治癒したのでしょうか。それとも結膜炎でなかった可能性もありますか?(20代・女性)』

軽い結膜炎はすぐに治る。子どもの目は赤くなりやすい!

子どもの目は結膜炎以外の原因でも赤くなることがあります。また、赤くなっても自然にすぐに治るようです。症状が治まれば、大きな心配はいりません。

『専門医師が「結膜炎である」と診断をしたのであれば、結膜炎だったのではないかと考えます。子どもの目が赤くなる原因はいくつかあります。3歳くらいの時期にはテレビを近くで観賞し続けていたり、スマートフォンやタブレットに夢中になりすぎて、眼精疲労やドライアイになることがあります。他には軽いアレルギー症状が出現してかゆみがあったために、目をこすることでも赤くなってしまいます。(看護師)』


『軽症の結膜炎だとすぐ治ることがありますし、結膜炎になったことにも気づかない人もいるくらいです。もしかしたら、そういった軽い結膜炎であった可能性はあります。(看護師)』


『目を擦ったために、一時的に充血しただけかもしれませんし、結膜炎のためにかゆみがあって、目を擦ったのかは分かりません。症状が治まったのでしたら、そのまま様子をみていいでしょう。(医師)』


子どもの目が赤い状態が続く時は放置しないで早めの受診を!

幼い子どもは結膜炎をおこしやすく重症化もしやすいので、目が赤い状態が続く時は早めに病院で診てもらわなくてはなりません。結膜炎かそうでないかの判断は、専門家にまかせましょう。

『小さな子どもは、不潔な手で目を擦って結膜炎を起こすことがあります。手が汚れていれば、ウエットティッシュで拭き、手を洗い爪は短く切ってください。アレルギー性の結膜炎の場合できるだけアレルゲンを避け、ウイルス性の結膜炎の場合は人にうつすので、なるべく接触を避けなければなりません。放置すると症状を悪化させますから、今後も充血や目のかゆみ、目やになどがあれば、早めに病院を受診してください。(医師)』


お子さんの目のトラブルは、ママの素早い対応が大切ですね。結膜炎にも軽いケースと重くなるケースがあり、早めに医療機関で診てもらいましょう。また、日ごろから手や爪を清潔にしておくことも役に立ちます。