葉酸は妊娠中の女性にとって、欠かせない栄養素といわれています。サプリメントで摂取することも多い葉酸は、主に妊娠初期の摂取が推奨されていますが、実際はいつまで摂り続ければよいのでしょうか。

20代女性からの相談:「葉酸サプリメントはいつまで摂取するのでしょうか」


『20週目の妊娠中期です。妊娠初期の葉酸が重要だと知り、妊娠発覚前から市販のサプリメントで葉酸400μgを摂取しています。妊娠3カ月までの初期に摂取することが推奨されていますが、その時期を過ぎれば摂取するのをやめてしまってもよいのでしょうか。コストの負担が大きいこともあり、いつまで摂取すべきか悩んでいます。(20代・女性)』

葉酸はなぜ必要?

そもそもなぜ葉酸を摂取する必要があるといわれているのでしょうか。また、厚生労働省から摂取を推奨されている時期を過ぎれば、もう不要だと考えてよいのでしょうか。

『厚生労働省は一部の先天性障害の発症を予防するために、妊娠約1カ月前から妊娠3カ月まで葉酸を摂取することを推奨しています。葉酸は妊娠3カ月を過ぎれば必要ないというわけではありません。貧血予防のためにも、葉酸は妊娠全期から授乳中を通じて必要な栄養素とされています。(産科婦人科医師)』


『葉酸は妊娠前から妊娠中、産後の授乳期間中と、長期間にわたって摂取し続けると良いという報告があります。(看護師)』


葉酸の摂取量と摂取方法

葉酸は妊娠前から妊娠後、授乳中にもなるべく摂取したほうがよいとのことです。では、どれくらいの量をどのように摂ればよいのでしょうか。専門家にアドバイスいただきました。

『葉酸の理想的な摂取量は、1日に約400μgとされています。サプリメントの使用はコストがかかるので長期間続けるのは難しい面もあるでしょうが、できれば飲み続けたほうがよいでしょう。(産科婦人科医師)』


『現在サプリメントで摂取している400μgを食事で摂れるとよいのですが、調査によると、普通の食事では300μgも摂れていないのが現状のようです。サプリメントは高価ですが、食事だけで必要な葉酸量を摂るのは難しいと考えてください。(看護師)』


『葉酸摂取量が不足している背景には、食生活の欧米化が関係しているとされています。和食を中心に毎日の献立を考え、栄養バランスを意識したものを摂るように心がければ、サプリメントは不要になる可能性もあります。(看護師)』


『葉酸は緑黄色野菜やレバーに多く含まれていますが、水溶性のビタミンのため、料理中にほとんどが失われ、体外に排出されやすいため、食べ物から毎日十分な量を摂るのは難しいでしょう。(産科婦人科医師)』


食材や調理法にもよりますが、現代の食生活では推奨されている量の葉酸を食事だけで摂ることはなかなか難しいことのようです。赤ちゃんとお母さんの健康のためにも、授乳期間終了まで摂り続けるのがベターです。