ここ数年、厚生労働省から妊娠を希望する女性に葉酸の摂取が推奨されています。妊娠約1カ月前から摂取するのが望ましいとされていますが、妊活中で体外受精をしている場合、葉酸はいつ摂取し始めるのがよいのでしょうか。

30代女性からの相談:「体外受精の場合の葉酸摂取について」


『妊活中で体外受精をしています。葉酸は妊娠がわかる前から飲んでおいた方がよいと聞きますが、妊娠がわかるどのくらい前から飲めばよいのでしょうか。体外受精のスケジュール上、妊娠しない時期ならば飲む必要はないのでしょうか。 (30代・女性)』

葉酸を摂ったほうが良い理由

まず、葉酸を摂取することによって、いったいどんな効果が期待できるのでしょうか。

『厚生労働省が妊娠を希望する女性に葉酸の摂取を勧めているのは、葉酸が胎児の発育に必要な栄養素であり、先天性障害を予防する効果があるとされているためです。現在は母子手帳にも、妊娠前から摂取したほうがよいと記載されています。(産科婦人科医師)』


『葉酸の摂取は着床率をあげるためにも良いといわれています。女性に限らず、妊娠を希望するカップルならば男性も摂ったほうがよいとされています。(看護師) [answerbox]葉酸は妊娠前から妊娠中、産後の授乳中と長期にわたって摂ることで、胎児の発育などに良い影響を与えるという報告があります。(看護師)』


『葉酸を飲んだからといって妊娠しやすい体質になるわけではありませんが、葉酸の十分な摂取によって貧血を予防し血流をよくすることが、子宮環境を整えて妊娠しやすい身体づくりにつながります。 (産科婦人科医師)』


体外受精にチャレンジ中のカップルの場合

葉酸をきちんと摂取することは、妊活中のカップルにとって妊娠の可能性を上げることにもつながるようです。体外受精にチャレンジ中の場合、どのタイミングで葉酸の摂取を開始すればよいのでしょうか。

『葉酸を積極的にとった方がよい時期は、妊娠前約1カ月から妊娠3カ月までといわれています。体外受精で受精予定日がわかっているのでしたら、1カ月前つまり妊娠する予定前の最終生理が始まるころから摂取するのがよいでしょう。(産科婦人科医師)』


サプリメントに頼らなくてよい場合も

そもそも、葉酸は日常的に誰もが口にする食材にも含まれている栄養素です。サプリメントで補給することが多いのが現状ですが、普段の食事から摂取することも可能という意見がありました。

『レバーや緑黄色野菜、大豆製品を毎日摂ることで、普段の食生活の中で葉酸を摂取することができます。食事は和食中心を心がけましょう。(看護師)』


『サプリメントは、あくまでも普段の食事で摂れないものを補うという位置づけです。日ごろから食事の栄養バランスを意識して料理すれば、サプリメントに頼らなくてもよい場合もあります。(看護師)』


この機会に食生活を振り返り、食事で不足する分はサプリメントで補給するというのが基本です。ただし、どんな栄養素でも過剰摂取すると悪影響がでるため、摂取量を守りましょう。