葉酸は妊娠初期には必須の栄養素ですが、生まれてからも子どもが成長していくうえで必要な栄養素です。乳幼児に葉酸のサプリメントを与えても問題ないのか、また葉酸は何歳ころまで必要なのかとの質問に対し、医師や看護師さんたちが回答しています。

ママからの相談:「葉酸は何歳頃まで必要?子どもにサプリを服用させてもよい?」


『11カ月の息子と3歳の娘には、特にサプリなど与えていませんが、どのような方法で何歳頃まで葉酸を摂取させたらよいのでしょうか。私自身妊娠中にサプリメントのグミを食べていましたが、グミなら子どもに与えても大丈夫でしょうか。また現在授乳中ですが、授乳中も葉酸を意識して摂った方がよいのか、葉酸不足により起こる症状についても詳しく知りたいです。 (40代・女性)』

子どものうちは食事から摂取

乳児などの場合、サプリメントが身体に合わず体調不良の原因となることもあるようです。子どものうちは食事から栄養を摂ることが望ましいですが、どうしてもサプリが必要なのであれば、薬剤師などに相談の上子ども用のサプリを与えるようにしましょう。

『葉酸が不足すると貧血などの原因になりますが、大人用のサプリは子どもが1日に必要とする用量と異なるため、子どもには過剰摂取になる可能性があります。また小さな赤ちゃんの場合サプリに含まれる成分などが合わず、体調を悪くしたり副作用の原因となることもあります。(内科看護師)』


『サプリは栄養の自己吸収能力が低下したり、内臓に負担となることもあるため、子どものうちは食事から栄養を摂るようにしましょう。どうしても子どもにサプリを与えたいのなら、医師や薬剤師の方に相談して、子ども用のサプリを利用してはいかがでしょうか。(内科看護師)』


日頃からバランスのよい食事を

葉酸は成長期には特に必要な栄養素なので、緑黄色野菜やレバーなど、葉酸を多く含むものを普段の食事の中で摂り入れるとよいでしょう。また母乳は血液から作られるため、授乳中のママも葉酸を積極的に摂るようにしましょう。

『母乳は血液から作られますが、血液を作るのに葉酸が重要な働きをします。赤ちゃんは母乳を介して栄養を摂取できているので、母親の栄養管理が重要になります。母親が栄養バランスのよい食事をしていれば、特に子どもにサプリを与える必要はないでしょう。(内科看護師)』


『葉酸が不足すると、赤血球が作れなくなり悪性の貧血を起こすことがありますが、小さい子どもにサプリを与える必要はないでしょう。葉酸を含む緑黄色野菜やレバーや鰻、芋類や果物などをバランスよく食べさせ、葉酸に限らず日頃から色々な栄養を摂るようにしてください。(産科医師)』


『年齢に関係なく、普段から心がけて摂取した方がよいでしょう。特に成長期になると必要な栄養素で、12歳ころだと大人と同じ240μgが必要とされています。また、葉酸は貧血を予防することで母乳の出がよくなりますし、お子さんの成長にも必要なため、授乳中も積極的に摂取した方がよいでしょう。(産科医師)』


小さいお子さんの場合サプリメントは身体への負担となることもあるため、使用の際は医師や薬剤師に相談した方がよいでしょう。特に成長期にかけては多くの葉酸を必要とするため、普段のメニューを一工夫してバランスのよい食事を心がけるとよいですね。