リニューアルは10月7日から

キッザニア甲子園は9月20日、施設内のパビリオン「カーライフサポートセンター」を10月7日からリニューアルすると発表しました。

「カーライフサポートセンター」は、キッザニアのオフイシャルスポンサー「オートバックスセブン」が出展しているパビリオンで、子どもたちは「AUTOBACS」のロゴが入った作業着を着て、車両点検や整備などを体験することができます。

まずは自動車が動く仕組みについて話を聞いて、その後「点検シート」を使いながらタイヤ交換やバッテリー交換、ワイパー交換、エンジンオイルの交換など、それぞれの役割に分かれて作業を行います。

新たな専門工具使をって本格的な整備体験

リニューアル後の「カーライフサポートセンター」では、電動インパクトレンチを使用したタイヤ交換や、デジタルデプスゲージを使ってタイヤの溝の深さを測り、タイヤの安全性を確認するなど、新たな専門工具を使った作業をする場面があり、ますます本格的な体験ができるようになります。

お客様の自動車が、事故や故障を起こさずに安全快適に走れるように責任を持って整備して、最後に自動車をきれいにして、仕事は終了。「カーライフサポートセンター」でのお仕事体験時間は約30分、対象年齢は3〜15歳です。

参考サイト

キッザニア甲子園 ニュース