産後しばらくすると生理が再開します。では、再開時期がいつ頃なのかご存知でしょうか。 また、再開したと思ったらまたストップすることもあります。今回は産後、いつから生理が始まるのか、産後の身体で何が起こっているのかをご説明します。

授乳方法で変わる再開時期

生理は妊娠し、排卵が止まることで来なくなりますが、産後身体の回復とともに再開します。ミルクで赤ちゃんを育てている場合は産後2〜3カ月を目安に生理が再開されるといわれています。しかし、母乳育児をしていると授乳中は生理が来ないというのが一般的です。

これは母乳の生成にかかわるプロラクチンに排卵抑制作用があるためです。個人差はありますが、母乳育児をしている場合は断乳の1〜3カ月後に生理が再開する場合が多いといいます。

精神状態が影響を及ぼす可能性も

妊娠にかかわらず、強いストレスを感じると生理が来なくなったり、遅れることがあります。これは生理を促す視床下部という器官がストレスを処理する役割を担っており、ストレスによる影響を受けやすいためと考えられています。

特に生活リズムが確立できていない赤ちゃんとの生活は、妊娠前の生活とは180度変わるため、ストレスを感じる場面も多くなることが予想されます。

一度再開した生理が止まることもある

産後はホルモンバランスが安定していないため、再開したはずの生理がまた来なくなるケースも十分に考えられます。授乳中に生理が再開する場合もありますが、本来排卵を抑制するホルモンが分泌されている期間であるため、あまり心配することはありません。

また、再開しても、おりものに少量の血液が混ざる程度の出血しかない、3カ月以上生理が来ないなど、生理不順の症状がみられることも珍しくありません。あまりナーバスになってしまうとストレスとなり、これが生理不順の原因となる可能性もあるため注意しましょう。

あまりに来ない場合は妊娠の可能性もある

産後、生理が再開するのは身体が回復し、次の妊娠の準備が整ったことを意味しています。母乳育児でなければ約2カ月で生理は再開するわけですから、それ以降は妊娠している可能性も否定できません。心当たりがある場合は妊娠検査薬で確認してみると良いでしょう。

また、まれに感染症や甲状腺のホルモン異常などを引き起こしていることが原因になっている場合もあるため、身体に異常がある場合はかかりつけの医師に相談してみてください。