Amazonが知育・学習玩具ストアを開設

総合通販ECサイトであるAmazonは9月20日(火)国内外の知育・学習玩具数十万点の中から選ばれた「知育・学習玩具大賞」を発表しました。

一次審査では実際に商品を手にした人々のカスタマーレビューから高評価の商品を、十万点の中から49点に絞り込みました。そして二次審査では保育・教育・脳科学の専門家が「知育玩具部門 大賞」と「学習玩具部門 大賞」をそれぞれ1点ずつ、他に「審査員特別賞」を3点、「アイデア賞」を1点選定しています。

二次審査で選定にあたったのは、教育心理学者である秋田喜代美(あきた・きよみ)氏、脳科学者である池谷裕二(いけがや・ゆうじ)氏、育児・保育専門家である駒崎弘樹(こまざき・ひろき)氏の3名です。

そして、新商品のためノミネートされなかったが、次世代の知育玩具として期待大の商品をAmazonおもちゃ&ホビー事業部がAmazon特別賞として2点選定しています。

<親の70%以上が知育玩具に興味を強く持っていて、良いものがあれば購入したいと思っているにも関わらず、購入する割り合いは決して高くはない>というのがAmazonの意識調査で分かっています。情報不足が原因で、商品の効果がよく分からないというのが理由でした。

このような背景の中で、知育・学習玩具ストアを開設しました。年齢や用途別に検索ができるため、商品を探しやすくなっています。Amazon海外版で人気の商品もこの期に販売を開始し、更に品揃が充実しています。

大賞商品

知育玩具の対象年齢は2〜6歳、学習玩具は3〜6歳です。学習玩具は読み・書き・計算と学習内容がより具体的になるため、対象年齢を3歳以上に設定しています。

「知育玩具部門 大賞」に選ばれたのは、『カプラ200』です。同じサイズの板を積み重ねるだけなのに、想像力を巡らせば多種多様な形に作りあげられるというものです。木製でできています。


「学習玩具部門 大賞」に選ばれたのは、『世界の国旗かるた』です。国旗や地図を楽しく遊びながら覚えられます。大人にも勉強になり、家族みんなで楽しめます。

審査員特別賞

教育心理学者である秋田喜代美氏は『アソブロック BASICシリーズ スペシャルパック ドラゴン』を選定。パーツをはめ込んで回転する動きは、幼児期に大切な手先の巧緻性を高めるのに役立ちます。

脳科学者である池谷裕二氏は『サボテンバランスゲーム』を選定。3歳から必要とされる、一つのものをあらゆる角度から見る力が鍛えられます。


育児・保育専門家である駒崎弘樹氏は『ニューブロック たっぷりセット』を選定。大きいブロックなので、指を大きく広げて好きな形を作ることができます。

アイデア賞

『わごむパターンボード』ボード・カード・輪ゴムの組み合わせで色々な形を作ることができ、創造性が伸ばせられます。

Amazon特別賞

『プログラミングロボ コード・A・ピラー』は2020年から日本で義務教育の必修化が検討されている「プログラミング」が学べます。


『ローリーズ・ストーリー・キューブス』は即興でお話を作って楽しみます。言葉が増えて話す力が伸ばせます。

まとめ

子供の数学・化学などといった理系の能力に加え創造力・語学力を伸ばすことに関心が寄せられています。Amazonではこういった様々なお客様のニーズに合致した知育・学習玩具を、国内外から豊富に取り揃えています。そしてお買い物しやすいお店づくりに邁進しています。

参考サイト

知育・学習玩具大賞