産後は骨盤が通常より柔らかく開いた状態になっているため、この時期にガードルで骨盤矯正を行なっておくと歪みを予防することが出来ます。ただし、ガードルは使い方によっては身体に負担がかかることがあるため、正しい使い方を理解しておきましょう。ここでは、そんな産後にガードルで骨盤矯正を行なう際の注意点をご紹介します。

産後に使うガードルは、普通のガードルと何が違うの?

普段からガードルを付けているという女性は、産後に体型を戻すためにすぐガードルを使いたくなる人も多いのではないでしょうか。ただし、産後は出産前に使っていた普通のガードルでは無く出来れば産後専用のガードルを着用するのがおすすめです。普通のガードルと産後専用のガードルとの大きな違いは、その形にあります。普通のガードルは股上が浅いものが多いですが、産後専用のガードルは出産で脂肪が付いたお腹周りを包み込めるように股上が深いものがほとんどです。太ってしまった産後の体型にフィットしやすいよう設計されている商品が多いので、締め付けが弱く楽に履けるというメリットもあります。
普通のガードルは見た目を意識した商品が多い一方で、産後専用のガードルはゆるんでしまった骨盤を矯正したり体型を戻す目的の商品が多いと言えます。もちろんガードルですので、履くことで見た目がすっきりする効果もあります。中にはよりお腹周りをすっきりさせるためにお腹周りを包み込むニッパーが付いている商品もあります。
 

産後のガードルは出産直後から使っても良い?

産後専用のガードルは一般的に産後1?2カ月頃に着用し始めるのが良いと言われています。その理由は、産後直後は産褥期間と呼ばれ、子宮内膜のかけらや子宮内に残っていた血液などが排出されるためです。これは正常な症状ですが、ガードルを付けていると骨盤や子宮が締め付けられることでこの機能が正しく行なわれなくなる危険性があると言われています。そのため、ガードルを着用するのは産褥期間を過ぎて体調が十分回復したタイミングで始めましょう。また、帝王切開で出産した人はお腹の手術跡が完全に治ってから着用しましょう。産褥期間の長さや産後の体調回復には個人差が大きいため、自分の身体の状態をしっかり観察することが大切です。

産後にガードルで骨盤矯正をする時の注意点

体調が十分に回復し、いよいよガードルを着用して骨盤矯正を始める時はガードルの使用方法に十分注意しましょう。ガードルには高い補正効果がある一方で、少なからず身体を締め付けるため誤った使い方をしていると身体に負担がかかります。特に以下の点に注意しましょう。


・寝る時はガードルを外す
長時間ガードルを着用していると血行不良の原因となります。身体に必要な酸素や栄養素が十分に届かなくなるため、寝るときはガードルを外すようにしましょう。どうしても1日中骨盤矯正を行ないたい場合は、締め付け力の弱い産褥ニッパーや産褥サポーターなどを使うようにしましょう。


・補正力の弱いガードルから始める
産後は思った以上に出産前と体型が変わっているものです。早く体型を戻したい気持ちは分かりますが、出産という大きな仕事を終えた身体に負担を与えないよう、なるべく補正力の弱いガードルから始めるようにしましょう。慣れてくれば少しづつ補正力の強いものへ切り替えるのがおすすめです。産後の骨盤矯正は、時間が経ってから始めても効果が見られることが多いため、焦らないことがポイントです。

・夏は通気性の良いもの、冬は保温力が高いものを選ぼう
ガードルは太ももから下腹部にかけて広い範囲を覆ってしまうため、肌への負担が少ないものを選びましょう。特に夏は湿気や汗でムレやすいため、通気性の良い素材が使われている商品を選びましょう。冬は冷えやすい身体を温める効果がある商品もおすすめです。ただし、肌ざわりや着用感などには好みがあるため、自分にとって無理なく長く使えるものを見つけることが大切です。


このように、産後に使うガードルは産後専用のものを選び、身体に負担が少ない使用法を守ればセルフケアで骨盤矯正が出来る頼もしいグッズです。さまざまな商品が販売されているため、自分に合ったものを是非探してみてください。