産後にゆるんで開いた骨盤を早く元に戻すためには、骨盤矯正が有効です。骨盤矯正は産後直後の柔らかいうちに始めるのが良いとされていますが、時期に合わせたケアが大切です。出産直後は安静にする必要があるため、骨盤矯正を行う時期はいつからがベストなのかご説明します。

産後直後?産後2カ月頃:産褥(さんじょく)体操

出産直後の骨盤はもっとも柔らかく、骨盤矯正に適した時期といえます。しかし、同時に出産直後の身体は妊娠前の状態に戻ろうと、さまざまな機関が働いている時期でもあります。特に産後1?2カ月間は産褥(さんじょく)期と呼ばれ、子宮内膜のかけらや子宮内に残っていた血液などが排出されるため不正出血のような症状が続きます。この時期は激しい運動や整体などの施術は避け、身体の回復を助ける産褥体操にとどめておいたほうがよいでしょう。
産褥体操とは、産褥期でも出来る軽い運動を行うことで筋肉を程よく刺激し、血行を促進して身体の回復力をサポートする体操です。部位ごとに、以下の体操を試してみてください。慣れてきたら少しづつ回数を増やしたり負荷をかけてみましょう。

1.胸式呼吸:仰向けに寝て膝を立て、深く呼吸をしながら両手で胸が上下に動くのを意識する
2.腹式呼吸:仰向けに寝て膝を立て、深く呼吸をしながら両手で下腹部が上下に動くのを意識する
3.腹筋運動:仰向けに寝て両手をお腹に当てる。呼吸を止めずに首だけを起こして数秒間キープする
4.肩の運動:座った状態で両肩を内回り・外回りそれぞれ10回ずつ大きく回す
5.手首の運動:両手をブラブラと大きく振ったり、手を閉じたり開いたりを繰り返す
6.骨盤矯正:仰向けに寝て膝を立て、深呼吸しながら膝を左右交互に倒す
 

産後直後?産後2カ月頃:骨盤矯正ベルト

産褥期には無理な運動が出来ないため、骨盤矯正ベルトを使った方法もおすすめです。骨盤矯正ベルトはさまざまな商品がありますが、中でも産婦人科医や助産師が公認している「トコちゃんベルト2」がおすすめです。産前からも使えます。

産後2カ月以降?:骨盤矯正体操

産褥期を過ぎて身体が十分に回復したら、無理の無い範囲で骨盤矯正体操を取り入れていきましょう。骨盤矯正体操にはさまざまな種類がありますが、自分に合った方法を見つけ出来るだけ毎日続けることで効果を感じられます。以下のような方法を参考にしてみてください。

骨盤矯正体操1
1.仰向けで寝る
2.両膝を立ててぴったりと膝をくっつける
3.そのままの状態で脚を右側に倒し、膝を床に付ける
4.2の状態に戻す
5.脚を左側に倒し、膝を床に付ける
6.3?5を繰り返す

骨盤矯正体操2
1.両足を肩幅に開いて立つ
2.両手を腰に置き、骨盤を動かすように腰を左方向へ2〜3回大きく回す
3.右方向に2〜3回大きく回す

骨盤矯正体操3
1.両足を肩幅に開いて立つ
2.太ももの上付近にある骨盤の出っ張りを両手で押さえる
3.2を押さえたまま、手で骨盤を右方向に押し込む
4.骨盤を左方向に押し込む

骨盤矯正体操4
1.足を伸ばして座り、腰幅に開く
2.両手で左右の足の指を握る
3.そのままの状態で息を吐きながら右方向に上半身をひねる
4.息を吸いながら元の状態に戻る
5.息を吐きながら左方向に上半身をひねる

骨盤矯正体操5
1.仰向け寝る
2.両膝を直角に曲げた状態のまま、両足を上げる
3.膝の外側を両手で押さえる
4.両足を外側に向けて開こうとすると同時に、両手で抵抗を加える
5.そのままの状態で10秒間キープする
6.全身の力を抜いて脱力し、リラックスする

このように、産後の骨盤矯正をいつから始めるかについては、まず自身の体調の回復度合いに合わせることが大切です。また、産後は身体が産前の状態に戻ろうと変化していくため、骨盤矯正の方法も少しづつ変えていきましょう。