妊娠中に分泌されるホルモンの影響を受けて、産後は骨盤が開いています。骨盤は少しずつ元の状態に戻りますが、ゆがんでいると元の位置に戻らないため矯正が必要です。今回は、産後に骨盤を矯正する方法とその効果についてご説明します。

産後の骨盤矯正の効果

骨盤が開くことで血流が悪化し、代謝が低下します。その結果、下半身に脂肪が蓄積されやすくなると共に、運動や筋力トレーニングなどによる脂肪の燃焼効果が低下し、下半身が痩せづらくなります。骨盤を正しい位置に矯正することで代謝が正常に戻るため、下半身太りを解消しやすくなります。

また、骨盤が開くことで身体のバランスが崩れて腰に負担がかかり、腰痛が起こりやすくなります。この腰痛の改善にも骨盤矯正は役立ちます。更に、血流やリンパ液の流れが改善されることで肌の調子やむくみまでも改善できます。

産後は体力が低下しているだけではなくホルモンバランスが崩れやすいため、元の状態に回復する産後約6週間〜8週間は安静にしておくことが大切です。本格的な骨盤矯正は、産後2カ月を経過してから始めましょう。

産後の骨盤矯正の方法

骨盤ベルトやリフォームインナーを着用することで、骨盤が正しい位置に戻るように矯正します。身体への負担が少ないため、育児をしながらでも続けられることがメリットです。ただし、強く締め付けるものは骨盤に悪影響を与える恐れがあるため、産後の時期に合わせて骨盤ベルトやリフォームインナーを選びましょう。

骨盤体操や骨盤スクワットも効果的です。ただし、体力を使うため、産後2カ月を経過しても身体に不調をきたしている場合は控えましょう。

整体やマッサージを受ける

産後1カ月健診で異常の所見がなければ、整体やマッサージを受けることも効果的です。骨盤体操や骨盤スクワットよりも早く始められます。

ヨガやピラティスにも骨盤のゆがみの改善が期待できます。産後に適したエクササイズを指導しているスクールに通いましょう。

<まとめ>
産後の骨盤のゆがみを放置すると、そのまま硬まってしまう恐れがあります。痩せにくい体質になってしまうため、骨盤矯正は積極的に行うことをおすすめします。継続できる方法を選びましょう。