妊娠中に分泌されるホルモンの影響で骨盤が開くと、産後に下半身太りや腰痛が引き起こされることがあります。骨盤を正しい位置に戻すために、骨盤矯正体操がオススメです。今回は、骨盤矯正体操の方法と始める時期について解説します。

骨盤矯正の体操を始める時期

妊娠により開いた骨盤は少しずつ元の位置に戻っていきます。しかし、骨盤がゆがんでいる場合は正しい位置に戻ることができず、ズレた位置で固まってしまいます。骨盤矯正体操は、骨盤が正しい位置に戻ることをサポートする効果が期待できます。

産後1カ月は悪露や後陣痛などにより体調が優れないため、安静に過ごす必要があります。骨盤矯正体操は産後2カ月から始めましょう。遅くても産後約6カ月までに骨盤が元の状態に戻るとされているため、産後の骨盤矯正を行うのに適した時期は産後約2カ月〜6カ月です。

基本の骨盤矯正体操

骨盤矯正体操の方法は次の通りです。

(1)脚を肩幅に開いて背筋を伸ばして立ち、両手を腰に当てます。

(2)顔は正面を向いて上半身を曲げないよう注意しながら、腰を右回りに10回大きく回しましょう。

(3)左回りも同様に行います。

骨盤を押し込む体操も効果的です。

(1)脚を肩幅に開いて立ち、右脚の付け根に右手を当てます。

(2)右手を左側へ押し込む運動を10回行います。このとき、骨盤を押し込むイメージを持つことが大切です。身体が揺れないよう左手を水平に伸ばしてバランスをとりましょう。

(3)反対側も同様に行います。

ベッドに寝たままできる体操

背筋と腹筋を鍛える体操も、骨盤のゆがみの改善に効果が期待できます。この体操はベッドに寝たまま行えるため、育児で疲れていても気軽に行えるでしょう。

(1)仰向けになり、両足を揃えて膝を立てましょう。

(2)両膝を右側に倒すと同時に上半身と頭を左側に倒します。

(3)これを左右交互に5回ずつ行います。

膝を床に着ける体操をしましょう。

(1)仰向けになり、両膝を曲げます。

(2)膝を片足ずつ床に着ける運動を左右交互に10〜20回行いましょう。

慣れてきたら、両膝を同時に床に着ける体操をしましょう。筋が伸びている状態を感じたら、両足の裏を付けた態勢をしばらくキープして終了です。

<まとめ>
骨盤のゆがみを放置することで血流が悪化し、代謝が低下して全身に悪影響が及びます。骨盤矯正体操をして産後6カ月後までに元の状態に戻すことが大切です。