産後の抜け毛は女性ホルモンの変化が原因といわれているため、予防することは難しいと言われています。いつまで抜け毛が続くのかを把握し、できるだけ抜け毛を減らすよう心がけましょう。今回は、産後の抜け毛が起こる期間と対策について解説します。

産後の抜け毛の原因

女性ホルモンの分泌と毛の量は比例しており、出産直後は女性ホルモンが急激に減少するため抜け毛が増えます。また、次のような要因が重なることで更に抜け毛が増える可能性があります。

(1)育児によるストレス

(2)抜け毛によるストレス

(3)育児による睡眠不足

(4)食生活の乱れ

抜け毛を減らすためにはこれらの原因を取り除く必要があります。

いつまで抜け毛が続く?

髪の毛は一定のサイクルで生え変わります。産後に大量の毛が抜けてしまうと、一時的に髪が薄い状態が約2カ月〜3カ月続きます。ただし、授乳中は女性ホルモンの分泌を抑制するホルモンが分泌されるため、授乳をしていない人と比べると髪が生えるまでに時間がかかります。

女性ホルモンの分泌は生活習慣や心身の状態で変動するため、抜け毛が落ち着く時期には個人差があり、産後約6カ月〜1年で元の状態に戻るといわれています。1年を過ぎても抜け毛が一向に減らない場合は別の原因が考えられます。

少しでも早く抜け毛を落ち着かせるために

育児をしながら生活習慣を整えることが難しい場合、抜け毛に効果がある食事を積極的に摂りましょう。大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンの働きをサポートする成分です。豆腐やおから、納豆などを1日1食は摂ることをおすすめします。

髪に良い影響を与える次の栄養を積極的に摂りましょう。

(1)カルシウム
牛乳や小魚などに含まれており、髪の毛に艶を与えます。

(2)たんぱく質
肉類や卵などに含まれており、髪の毛を作るために必要な原料です。

(3)ビタミンB群
豚肉やレバーに含まれており、代謝を促進させて髪の毛の成長を促します。

(4)ミネラル
わかめやひじきに含まれており、健康な髪の毛を育てます。

マッサージで頭皮の血行を促進させて、毛根に十分な栄養を行き渡らせることも大切です。
髪の毛が生えてくるまでの期間を短縮することができるでしょう。

<まとめ>
女性ホルモンの減少が原因であるため、抜け毛をすぐ改善することはできません。日々の生活習慣を整える、大豆製品の摂取や頭皮のマッサージなどで対策することが大切です。