産後は女性ホルモンの変化に伴い、抜け毛が増えるといわれています。抜け毛を完全に防ぐことは不可能ですが、減らすことは可能です。様々な方法を用いて抜け毛対策をしましょう。今回は、産後の抜け毛対策のポイントを解説いたします。

抜け毛の量には個人差がある

妊娠中は髪の毛の寿命を延長させる作用を持つ「プロゲステロン」という女性ホルモンが多量に分泌されます。産後はプロゲステロンが抑制されるため、寿命を延長されていた髪の毛が一気に抜けます。

プロゲステロンの分泌は生活習慣や心身の状態により変動するため、抜け毛の量には個人差があります。産後約2カ月頃に一気に抜け毛が増えて、約2カ月〜3カ月は髪が薄い状態が続くことが一般的です。場合によっては産後1年が経過しても髪が薄い状態が続くこともあります。抜け毛そのものを防ぐことは不可能なため、少しでも抜け毛の量を減らし、早期に新たな髪の毛が生えるよう対策することが大切です。

抜け毛に効果が期待できる栄養素

次の栄養素は抜け毛対策に有効だといわれています。

(1)カルシウム
牛乳や小魚などに含まれており、髪にツヤを与える効果が期待できます。

(2)タンパク質
肉類や卵、大豆類に多く含まれており、髪の毛の原料になります。大豆類に含まれているイソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをし、健康な髪の毛の成長を促進させるといわれています。

(3)ビタミンB群
豚肉やレバー、まぐろやカツオなどに多く含まれており、タンパク質と同じく髪の毛の材料になります。更に、代謝を促進させるため新たな髪の毛が生えやすくなるといわれています。

(4)ミネラル
ミネラルはわかめやひじき、ほうれん草やレバーなどに多く含まれており、健康な髪の毛の成長を促す効果が期待できます。

良質な睡眠をとることが大切

良質な睡眠をとることで心身の状態を整えることができます。育児により十分な睡眠時間を確保できない場合、限られた時間の中で良質な睡眠をとることを心がけましょう。そのためには、就寝前の食事を控えて血糖値の上昇を防ぐ必要があります。就寝前に軽い運動や足湯で身体を温めるとスムーズに入眠できます。

<まとめ>
抜け毛をできるだけ減らし早期に新たな髪の毛を生やすためには、生活習慣を整える必要があります。生活習慣を整えることが難しい場合は、髪の毛に良い影響を与える食事を心がけましょう。