産後は多くのママが激しい腰痛に悩まされるようです。腰痛の原因は妊娠中に生じるといわれていますがどんな原因が挙げられるのでしょうか。今回は産後の腰痛がいつまで続くのか、またその原因と対策法を紹介します。

産後に腰痛が起こる原因

産後に腰痛が起こる主な原因は以下の3つです。

(1)悪い姿勢
妊娠によって約10kg増加した身体を支えるため、妊婦さんの身体は気付かないうちに骨盤や腰椎が前へ傾き、重心が前に傾きます。これでは前に倒れてしまうため、背中の筋肉で身体の後ろ側を支えようとします。バランスをとる背中の筋肉は絶えず張った状態になり、妊娠中から腰痛が起こりやすくなります。産後もこの体勢を保つ癖がついてしまうため腰痛に悩まされる方が多いです。

また、赤ちゃんを抱きかかえる、授乳するなどのお世話は前かがみの姿勢で行うことが多く、それまでの生活で使うことがなかった筋肉を使います。これにより、腰痛が起こります。

(2)骨盤の歪み
出産時に赤ちゃんがスムーズに産道を通れるよう、骨盤は開いた状態になります。産後、骨盤は徐々に元に戻ろうとしますが、産後すぐは骨盤の締まりが緩い状態であるため腰痛の原因になります。

(3)腹筋の筋力低下
妊娠によりお腹が大きくなると、腹筋は大きく引き伸ばされます。産後も伸びた筋肉は鍛えない限り戻りません。腹筋の筋力低下は腰痛の原因になるほか、痩せにくい身体、骨盤の歪みなどの原因にもなります。

産後の腰痛はいつまで続くの?

産後の腰痛がいつまで続くかについては個人差があります。開いた骨盤は、約3カ月ほどかけて徐々に戻っていきます。骨盤ベルト等で矯正してあげると回復がスムーズになり、産後の腰痛や恥骨の痛み・違和感が緩和されます。産後は骨盤周囲の筋力も弱くなっている為、骨盤や周囲の組織に負担がかかりやすくなっています。骨盤ベルトは組織に負担にならないように補強しサポートしてくれる役割があります。

腹筋も同様です。それに加え、育児での負担があるため、原因を解決しない限りは腰痛に悩まされることになります。

簡単にできる腰痛の解消法

腰痛はさまざまな理由によって起こっていますが、産後すぐにできる解消法を紹介します。

(1)骨盤ベルトの着用
開いた骨盤を正しい位置に戻せるように着用するものです。つける時期によってさまざまな種類があるため、出産前から自分に合ったものを探しておきましょう。

(2)呼吸法による筋力トレーニング
腹筋を鍛えようと複雑な運動を覚えても、育児や家事に追われなかなか自分の時間を確保することができません。そんなときおすすめなのが呼吸法による筋力トレーニングです。

1 お腹に空気を入れるイメージでたっぷりと息を吸います
2 息をゆっくりと吐き、お腹に入れた空気をすべて吐き出します

産後の腰痛は個人差があるため、いつまで続くか、はっきりとした時期はわかりません。腰痛を解消するために骨盤ベルトをつける、筋力トレーニングを行うなど、できることからはじめましょう。