産後の夫婦関係は出産前と比べて大きく変化します。特に夫に対する不満は日に日に大きくなり、ついには離婚してしまうカップルも。今回は、そんな「産後クライシス」を乗り越えるコツをご紹介します。

おめでたいはずの産後に離婚?産後クライシスとは

子どもが出来たばかりの夫婦におとずれる「産後クライシス」。その名の通り、産後に起こる夫婦関係の危機から離婚に発展してしまうことです。産後クライシスが起こる原因は、女性側に起こる肉体的や精神的な変化が多く、主に以下のようなものが挙げられます。

1.ホルモンバランスの変化
出産後の女性の身体は妊娠前の状態に戻ろうとするため、ホルモンバランスが大きく変化します。ホルモンは情緒や感情にも影響を与えているため、不安や虚無感、孤独感が普段より増幅します。これが原因で、夫婦関係に対してもネガティブに捉えがちになるようです。

2.生活パターンの変化
産後直後から育児が始まるため、自分のことは二の次で赤ちゃんの世話をする生活パターンに変化します。産後はまだこの変化に慣れていないため、上手くいかないことやとまどいから育児や夫婦関係に不安を感じてしまう女性が多いようです。

3.育児や生活の疲れ
新生児は睡眠時間が短く細切れのため、お母さんはほとんど無休状態で動き続けることになります。母乳も1、2時間おきに飲ませるなど、慢性的な睡眠不足となり疲れが取れない状態が続きます。
 

産後クライシスから離婚を防ぐコツ

このように、産後クライシスは出産後の生活や気持ちの変化の影響を大きく受けています。そのため、全ての女性に産後クライシスが起こる可能性があるともいえます。ただし、必ず夫婦関係が悪くなるというわけではなく、中には問題なく乗り越えているカップルも少なくありません。産後クライシスを防ぐためには、以下の点が大切です。

1.産後の身体は回復途中ということを自覚する
頑張っている女性ほど、産後直後から妊娠前と同じように動いたり家事をしようとしがちです。しかし、産後の身体は出産という大きなイベントを経験し非常に疲れた状態です。特に産後約2カ月までは産褥期と呼ばれ、身体が元の状態へと回復している途中段階です。無理をしないよう自分自身が気をつけることが大切です。

2.相談出来る相手を作る
産後クライシスは夫婦関係が問題のため、人に相談するものではないと思っている方も多いようです。しかし、自分の中に溜め込んで夫婦関係が悪化してしまっては意味がありません。母親や出産経験があるママ友など、同じ経験をしている相談相手を作りましょう。自分では想像も出来なかったアドバイスがもらえるかもしれません。

3.産後クライシスという事実をパートナーに伝える
産後クライシスは、女性のさまざまな変化がきっかけとなってパートナーへの不満が爆発します。そのため、パートナーにとっては妻の様子が急変したと感じ、なぜ責められるのか、冷たくされるのかが分かりません。そうなるとお互い感情的に相手を拒んでしまう原因となり、離婚にまで繋がってしまいます。

そうならないためには、まず産後クライシスというものがあるという事実を、パートナーに知ってもらうことが重要なポイントです。産後に女性の身体が変化することや、本人の意思に関わらず感情の起伏が大きくなってしまうことを理解してもらいましょう。パートナー自身が変化に気付いて、対処出来るようになることも大切です。
 

パートナーの協力で産後の離婚を防ぐポイント

産後の離婚を招く産後クライシスは、女性側だけの問題では決してありません。まずは現状や女性側の気持ちを理解してもらった上で、二人で危機を乗り越えられるようパートナーの協力を仰ぎましょう。失敗しないポイントは、女性側が我慢したり無理をしないことです。お互いに完璧を求めず、いずれ去っていく産後クライシスを静かに見送る気持ちで対処しましょう。

1.パートナーが担当する家事を増やしてもらう
出産前から家事を二人で分担している夫婦の場合、産後もある程度パートナーが家事をしてくれるため不満が言い辛い状況に陥りがちです。しかし、産後は母乳をあげるなど女性にしか出来ない役割が増えます。その分、これまで自分でやっていた家事の一部をパートナーに変わってもらうなど、家事の配分を変えていくよう話し合ってみましょう。

2. 1日オフの日を作れるよう、休日を取る
産後クライシスが離婚に発展するほど深刻になってしまう理由の一つに、女性側のプライベートな時間が皆無状態になるという点があります。自分自身を冷静に見つめる時間すら無いため、感情に余裕が無くなるとパートナーに辛く当たってしまいます。これを防ぐために、パートナーの休日に育児を変わってもらい、1日オフの日を作りましょう。自分の時間が持てることで、これまでに気付かなかった夫婦の絆を確かめることが出来るかもしれません。

3.育児を二人で分担する
最近では育児に積極的に関わる男性も増えています。しかし女性が不満を抱くのが、パートナーの「育児を手伝っている」という意識です。「手伝う」とは「育児は本来自分の仕事では無い」という気持ちがどこかにあるからです。男性側に悪気は無くても、ついイラッとする女性は少なくありません。育児を手伝ってもらうのではなく、出来ることは率先して行うよう、パートナーと育児を分担しましょう。休日を上手く利用したり、パートナーの両親に協力してもらう方法もおすすめです。

<まとめ>
産後クライシスは、自分の置かれている状況を一人で抱え込まず周囲の協力を上手に得る事で防ぐことが出来ます。育児を優先するあまり自分自身を疎かにせず、頑張り過ぎてしまう人ほど注意しましょう。