産後の身体は大きく変化するため、今までに感じたことの無いようなイライラにとまどう女性も多いようです。特に夫に対してのイライラは、夫婦関係をこじらせる原因にもなりかねません。産後のイライラの原因を理解して、夫婦トラブルを予防しましょう。

産後のイライラの原因は?女性の身体で起こっていること

出産前に比べると、産後にイライラする機会が多くなったと感じる女性が多いようです。これには外的環境の変化だけでなく、身体の中で起こっている様々な変化も関係しています。妊娠中の女性の身体は赤ちゃんに栄養や酸素を届けて元気に育てるための働きが強化されていますが、出産したとたんに母乳を与える働きが強化されます。すると女性ホルモンのバランスが大きく変化します。女性ホルモンは子宮や膣といった女性器の働きを司る他、情緒や感情面にも影響を与えると考えられています。そのため、産後にイライラしやすくなります。

産後は生活習慣も一変します。自宅に帰った途端に育児が始まるため、初めての出産ではとまどいや不安を抱えやすくなります。産後の身体は疲れ切っているため、体力不足や疲労感からイライラが増幅されてしまうケースもあるようです。
 

産後のイライラが爆発するきっかけは夫に対する不満が多い

産後のイライラは身体や生活習慣の変化が大きく影響していますが、イライラが爆発するきっかけは夫に対する不満が多いようです。近年では育児に対して協力的な男性も増えているようですが、かえってそれが自分の夫と比較してしまうことに繋がり、不満を募らせる女性も多いようです。夫に対するイライラには、以下のようなものが挙げられます。

<産後のイライラに繋がる夫への不満>
・育児や家事を手伝ってくれない
・夫の生活態度が出産前と変わらない
・家事が満足に出来ない
・「育児を手伝ってあげている」という意識がある
・本人だけが「自分は協力的な夫」だと思っている

このように、産後のイライラは夫に対する期待と、現実とのギャップに原因があるようです。そのため、育児や家事に対する取り組み方を二人でしっかりと話し合い、女性側が感じるギャップを取り除くことが夫婦関係を維持する上で欠かせません。

産後うつ・産後クライシスを予防しよう

女性側のイライラがうまく解消出来ないまま溜まっていくと、産後うつや産後クライシスといった重大なトラブルに発展しかねません。大切な子どもを家族で守っていくためにも、一人で抱え込まず、育児や家事を二人で協力する考えを共有し実践することが大切です。以下のような方法を参考に、自分達に合ったものを取り入れてみましょう。
<産後うつ・産後クライシスの予防法>

1.夫が担当する家事を増やしてもらう
育児にはどうしても女性にしか出来ない役割があります。育児にどのくらい時間が必要なのかを夫に理解してもらい、夫に担当してもらう家事を増やしてもらいましょう。二人とも家にいる時に夫に家事をしてもらい自分が最終チェックするなど、イライラしない工夫も大切です。

2. 1日オフの日を作る
育児や家事には休みがありません。さらに産後は1?2時間おきに母乳をあげないといけないため睡眠不足に陥るだけでなく、プライベートの時間は全くと言っていいほど無くなってしまいます。日頃のイライラが溜まってきたと感じたら、思い切って1日オフの日を作りましょう。そのためには夫の協力が欠かせません。自身の状況を伝え、育児を代わってもらうなど協力を仰ぐことが大切です。

3.夫に育児の担当を与える
最近は育児に積極的に関わる男性が増えています。ただし「育児を手伝う」という意識から「育児は自分の仕事では無い」という態度へ繋がり、女性のイライラの原因になることも多いようです。これを防ぐために、夫が出来る育児の担当を作って協力してもらいましょう。女性側も、「自分がやらないといけない」と思い込んでいるケースがあります。哺乳瓶を洗う、おむつを変える、子どもと遊ぶといった事は男性でも十分出来ます。育児が二人の楽しみになるよう、上手に分担しましょう。
 
まとめ
産後のイライラは身体の変化から自然に起こる現象の一つです。あまり深刻に考え過ぎず、一時的な症状と捉え無理のない生活が出来るよう工夫してみましょう。イライラを溜め込むと産後うつや産後クライシスなどの重大なトラブルに繋がりかねません。イライラが少ないうちから夫と協力し、育児や家事が分担出来るルール作りをしておくことも大切です。