産後に旦那の事が急に嫌いになり、離婚に発展するケースを聞くことがあります。産後2年以内が多いといわれていますが、具体的な原因は何なのでしょうか。

産後に旦那の事が嫌いになる理由とは?

新しい家族が増えて嬉しいはずなのに、旦那の事が嫌いになった・・・。出産直後から2年を目安に妻の夫に対する愛情が急激に減るというデータもあり、夫婦関係の重大な問題として取り上げられています。夫婦仲の悪さは夫婦関係の長さに関係なく、「産後である」という事が原因のようです。なぜ、産後に女性の気持ちが急変してしまうのでしょうか?

女性の情緒や感情面は、女性ホルモンの影響を大きく受けています。産後に旦那の事が急に嫌いになるのは、産後にホルモンバランスが大きく変化することと関係していると考えられています。妊娠中の女性の身体は胎児を育てるように働いていますが、出産した途端に今度は母乳を作る方へと変化します。この身体の変化はホルモンバランスの働きによるもので、情緒や感情面にも影響を与えます。特にイライラや不安といったネガティブな感情が必要以上に増幅される傾向があります。
 

我慢せず産後も旦那と上手くやっていく方法は?

女性ホルモンのバランスの変化は、情緒や感情面に影響を及ぼします。産後の気持ちの変化を受け入れながら旦那とも上手やっていくには、感情の変化の原因を理解した上で旦那にも協力してもらうことが大切です。育児は女性が一人で行なうものではありません。幸せな家族を築いていくために必要な夫婦の試練と捉え、二人で乗り越えましょう。

産後に旦那の事が嫌いになる原因の一つに、旦那の育児や家事への関わり方があります。期待していたほど育児を手伝ってくれなかったり、自分の事さえ終われば家事には一切関わらないなど、旦那の自分本位の行動が女性をイライラさせているようです。
 

旦那を嫌いになる前に先手を打つ!産後の夫婦関係に必要なこと

産後の女性は自分のことは二の次で子どもや夫のために一生懸命働きます。自分自身を大事に出来ていないという不安が、旦那に対して感情のはけ口になっているとも考えられます。夫婦関係を良好に保つには、自分自身に寛容になるという姿勢がポイントです。自分自身に完璧を求めず程よく対応していると、相手に対しても完璧を求めなくなります。頑張るあまり自分も周りも追い込んでしまわないよう、生活の中で自分自身の優先順位を上げる事が大切です。
我慢したり完璧を求め過ぎる人は、周囲の協力を仰ぐことも重要です。自分でコントロール出来ない感情は、気分転換で上手に解消しましょう。以下の方法がおすすめです。

1.半日または1日オフの日を作る
旦那や両親に子どもを預け、オフの時間を積極的に持ちましょう。身内に頼みづらい人は託児所やベビーシッターといった育児サービスを検討しましょう。「子どもは自分が見なくては」という思い込みにとらわれない事が大切です。

2.旦那に子どもと二人で遊ばせる
旦那が育児や家事にあまり協力的でない場合は、”仕事”をしてもらうのではなく子どもと遊ばせましょう。遊んでいる時間に家事をしたり自分の時間を持つよう工夫してみましょう。

3.旦那も自分も同じように褒める
産後の夫婦関係を保つには、旦那を褒める事が効果的だとよくいわれます。褒める際のポイントは、自分と旦那を同じレベルで判断しないことです。旦那が以前出来なかったことが出来るようになった、頼んでいない家事を手伝ってくれたなど、プロセスに注目して褒める癖を付けましょう。また、美味しい物を食べたり欲しい物を買うなど、旦那と同じように自分のことも褒めてあげましょう。
 
まとめ
産後に夫の事が嫌いになるのは必ずしも本心とは限らず、身体の変化が大きく関係していることを理解して感情的に行動しないよう注意しましょう。産後から約2年経つと感情的な不安定さも次第におさまっていきます。それまでの辛抱と考え、上手に息抜き出来る方法を身につけておく事も大切です。