産後クライシスとは、産後に夫婦関係が大きく変わり離婚にまで至る夫婦間のトラブルです。おめでたい時期になぜこのような現象が起きるのでしょうか。今回は、産後クライシスの原因や回避法をご紹介します。

産後は女性の感情面に大きな変化が訪れる

産後クライシスとは産後に訪れる夫婦関係の危機のことで、主に産後直後から子どもが2歳になる頃に多いといわれています。中には離婚にまで至るケースもあり、結婚した男女が最初に迎える大きな危機といっても過言ではありません。産後クライシスはいくつかの原因が指摘されていますが、大きな影響を与えているのが女性の感情面の変化です。ただしこれは、女性の性格や気質というより、産後に女性の身体が大きく変化することが関係しています。

妊娠中の女性の身体は、胎児を健康に育てることを最優先としています。子どもが生まれると同時に自然と母乳が出ますが、体内では大きな変化が起こっています。この変化を起こすのが女性ホルモンです。女性ホルモンは情緒や感情面にも影響を与えるため、産後に感情の起伏が激しいように感じてしまうのです。
 

産後クライシスは夫のせい?避けられない夫婦間のトラブル

産後に女性ホルモンのバランスが変化すると、主に不安や不満、ストレスなどといったネガティブな感情が必要以上に増幅される傾向があります。これが深刻化して夫婦関係にまで影響を与えるようになると、産後クライシスとしてさまざまなトラブルを引き起こします。さらに、産後から始まる育児や家事に対する夫の非協力から、これらのネガティブな感情が涌き上がるケースが多いようです。産後クライシスとは、身体の変化と日常の変化が密接に関係しているものです。

産後クライシスに繋がりやすい夫婦間のトラブルには、以下のことが挙げられます。

・夫が家事や育児を全く手伝わない
・子どもが生まれたのに家事の分担が変わらない
・夫が自分のことしか考えていない
・子どもをすぐ自分に押し付けようとする
・休みの日に自分だけ外出する

このように、女性の夫に対する不満は育児や家事に対する取り組み方の違いにあるようです。産後クライシスを防ぐためには、子どもとの新しい生活をどのように送っていきたいのか、二人でよく話し合って決めることが大切です。
 

夫や周囲の協力を上手に活用しよう

産後クライシスを防ぐには、女性側に多く見られる不満を解消することが重要なポイントです。女性が我慢することなく夫婦関係を良好に保つには、育児や家事は夫婦二人の役割という意識が欠かせません。実際に行動に移すためには具体的な役割を決めておく事が大切です。相手に対する過度な期待は、感情的なトラブルの元となります。出来る所から育児や家事を分担する体制を整えましょう。

・哺乳瓶を洗う
・子どもと遊ぶ
・お風呂に入れる
・おむつを変える

<夫が取り組みやすい家事>
・風呂掃除
・ゴミ出し
・洗った後の食器の片付け
・日用品の買い出し

夫の協力があまり得られない場合でも、家事代行やベビーシッターといった育児サービスを積極的に利用することも検討しましょう。他人に頼むことは決して手抜きではありません。自分では考えも付かなかったアイデアや工夫を見つけるきっかけになるかもしれません。産後クライシスとは女性だけの問題では無く、夫婦や夫婦を取り巻く環境にも関係しています。一人で抱え込まず、出来る事から始めてみましょう。