産後クライシスは、産後2年以内に多いといわれています。新しい家族が増えて一番幸せなはずの時期に、なぜ離婚に至るほど夫婦関係に変化が訪れるのでしょうか?誰にでも起こりうる、産後クライシスを乗り越えるコツをご紹介します。

女性の身体の変化がきっかけで産後クライシスになることがある

産後クライシスとは、産後直後から産後2年以内に起こる夫婦関係の危機や、離婚といった深刻な状況に陥ることです。子どもが生まれてめでたいタイミングで、なぜこのような状況が起こるのでしょうか?いくつかの原因がありますが、大きな原因として産後は女性の身体が大きく変化することが挙げられます。

女性の身体は女性ホルモンの影響を大きく受けていますが、女性ホルモンは情緒や感情面にも影響を与えると考えられています。産後は、これまで体内で育てていた胎児を出産し、代わりに母乳を作る新しい役割が出来ます。この時にこれまでのホルモンバランスが大きく変わるため、情緒や感情面に影響を与えると考えられています。人によっては夫婦関係に深刻な影響を与え、離婚という選択に至るケースもあります。
 

夫の態度が原因でイライラが増幅することが多い

産後クライシスは女性の身体の変化が大きく影響していますが、単に女性側の問題はありません。離婚の危機が訪れるほど女性が感情的にナーバスになるのは、夫の態度に原因があることも多いようです。産後は育児という新しい役割が増えるため、女性の生活は一変します。ところが、夫の育児に対する関心は女性の期待通りにいかないケースが多く、イライラや不満の原因となります。これが深刻化し夫婦関係にまで影響を与えるようになると、産後クライシスに繋がるのです。

女性が夫に対して感じるイライラや不満は、「自分の期待通りにいかない」という点です。夫に対する期待もあれば、自分自身に対する期待もあります。イメージ通りにいかないギャップには、主に以下のようなものが挙げられます。

・夫が育児に参加しない
・頼んだ事を満足にしない
・自分が育児をしている間に家事をしない
・困るとすぐに自分を頼ろうとする
・夫が自分のことしか考えていない

産後クライシスの特徴は、女性がこれらの不満を抱えているという事実を夫が全く気付いていないケースが多いということです。離婚の危機を未然に防ぐには、日頃から二人の状況を共有し、気持ちを伝え合うことが欠かせません。
 

お互い我慢せず夫婦関係を保つコツ

不満を解消し離婚の危機を防ぐために、いくつかのコツがあります。以下のような点を取り入れてみましょう。

1.妊娠中から夫も育児に参加する
女性は妊娠中から子どもを育てている意識が芽生えますが、男性は産後に子どもを見て初めて実感します。そのため、女性より夫の方が子どもに対する接し方が分からないのも当然です。産後からスムーズに育児に協力するよう、工夫してみましょう。だっこの仕方やお風呂の入れ方の講座に二人で通うなど、夫婦一緒に学ぶという姿勢が大切です。

2.産後の家事分担をあらかじめ話し合っておく
産後は急に生活習慣が変わるため、これまで通りの家事の分担では上手くいかないことがあります。特に女性側に大きな負担がかかりやすく、「あれをしてほしい」「これが足りない」と感じても夫がすぐ対処出来ないとイライラや不満に繋がります。しかし、産後は夫婦でゆっくり話し合う時間が取りづらくなくなります。産後の家事分担をあらかじめ二人で話し合って決めておきましょう。育児にどのくらい時間がかかるのかを夫に理解してもらう良い機会になるはずです。

3.辛い時は我慢せず夫に助けを求める
完璧主義の女性や我慢しがちな女性ほど、不満や辛さを一人で抱え込み産後クライシスに繋がるケースが多く見られます。夫は当てに出来ない、夫には頼れないといった気持ちがあっても、きちんと今の状況を伝えてどのように対処出来るのかを二人で話し合う時間を持ちましょう。「助けて」と口に出して初めて状況の深刻さに夫が気付くケースもあります。「察してくれるはず」と過度に期待しないことも大切です。
 
まとめ
産後クライシスは夫に対する女性のイライラや不満が増幅されて起こりますが、どちらが悪いというわけでは決してありません。産後に女性の身体が大きく変化するという事を夫婦で理解し、お互いに過ごしやすい環境を整えていくことが大切です。大切な家族だからこそ気持ちを共有しましょう。