人生の一大イベントといえる出産。愛の結晶といえる赤ちゃんが生まれ夫婦の絆が強まると思いきや、夫への愛情を失う女性が少なくないようです。なぜ、産後に夫への愛情を失う女性が多いのでしょうか。その予防法も含めて解説いたします。

産後にパートナーへの愛情が低下する産後クライシス

出産をきっかけにパートナーへの愛情が深まれば素敵です。しかし実際は、パートナーへの愛情を失う方が多いようです。

ベネッセ教育総合研究所が行った調査によると、出産前は74.3%の方が「パートナーといると本当に愛していると実感する」と回答しています。しかし、出産するとその割合が大きく減ります。特に、妻はこの傾向が強くなります。子どもが0歳で45.5%、子どもが1歳で36.8%、子どもが2歳で34.0%まで減ってしまうのです。夫も減っていますが妻ほど急激ではありません(子どもが0歳で63.9%、子どもが1歳で54.2%、子どもが2歳で51.7%)。

出産をきっかけにパートナーへの愛情を失うことを産後クライシスと呼んでいます。なぜ、妻は夫への愛情を失うことが多いのでしょうか。

家族・子育てへのかかわり方が産後クライシスの原因に

産後クライシスの原因は様々ですが、夫の家族・子育てへのかかわり方が大きな影響を与えていると考えられています。誰にとっても赤ちゃんはかわいいですが、子育てをするとなると大変です。夫が適切なサポートをしないと、育児や家事の負担がすべて妻にかかってしまいます。やがて、解消できない大きなストレスとなり、妻の夫への愛情が冷めてしまうのです。産後クライシスは夫婦二人の問題としてとらえることが重要です。

子育ては夫婦の愛情を深められる期間

総務省が行った「6歳児未満を持つ夫婦の家事・育児時間の国際比較」によると、日本人男性の家事・子育て参加時間はわずか1時間7分/日(うち育児時間は39分)です。対する日本人女性の家事・子育て参加時間は7時間41分(うち育児時間は3時間22分)です。夫が家事や育児に参加せず、妻に大きな負担がかかっていることが分かります。

妻の夫への愛情は、夫が育児や家事に積極的に参加すること、妻に感謝の気持ちを伝えることなどで保ちやすいといわれています。産後クライシスに陥りたくない方は、お互いを尊重する気持ちを持つとともに、出産をきっかけに変化する役割についてしっかり話し合っておくとよいかもしれません。協力し合う関係を築ければ、子育ては夫婦の愛情を育てる素敵な期間になります。

まとめ
出産をきっかけにパートナーへの愛情が低下することを産後クライシスといい、夫の育児や家事への無関心により、妻の夫への愛情が低下しやすいといわれています。出産を予定している方は、産後に起こるそれぞれの役割変化について話し合い、協力し合える関係を作っておくとよいでしょう。