産後しばらくすると気分の落ち込みが続くことはありませんか?当てはまる方は産後うつかもしれません。産後うつはどのようにチェックすればよいのでしょうか。ここではだれでも簡単に取り組めるチェック方法を紹介します。

5人に1人を悩ませる?産後うつとは

赤ちゃんが生まれた産後は、人生で最もうれしい時期かもしれませんね。しかし、気分のすぐれない女性が多いようです。大きな原因と考えられているのが産後うつ。産後うつとは、産後数週間から数カ月の間に気分の落ち込みをはじめとした様々な症状が現れる病気です。現れた症状は最低でも1カ月、長いケースで1〜2年続くといわれています。まれなトラブルと思われがちですが、出産を経験した女性の5人に1人を悩ませています。身近な病気なので、いつもと違うと感じている方はセルフチェックをしましょう。

産後うつのチェック方法

産後うつは、現れやすい症状などからチェックすることができます。具体的に、どのようなポイントをチェックすればよいのでしょうか。

<産後うつのチェックポイント>
・特別な理由がないのに気分の落ち込みが続く。
・献立や家事の段取りなどいつも出来ていたことの考えがまとまらない。
・無気力で何もやる気がしない。
・ちょっとしたことで疲れて動けなくなる。
・いつも楽しんでいたことが楽しめない。
・眠れない、あるいは眠りすぎる。
・食欲がわかない、あるいは食欲が異常にある。
・夫婦関係を持ちたいと思わない。
・死んでしまいたい、消えてしまいたいと思う。
・母親としての自信が持てない。
・赤ちゃんに愛情がわかない。
・赤ちゃんの育児に集中できない。
・下痢、便秘に悩まされる。

当てはまる点が多い方は、産後うつに気を付けましょう。

こんな人は産後うつに注意!

産後うつは、急激なホルモンバランスの変化や生活環境の激変で起こるといわれています。特に、責任感の強い人、真面目な人、完ぺき主義の人などに起こりやすいと考えられています。これらの人は「育児が思い通りいかないのは私がだめだから」と自分を責めることが多いようです。生まれたばかりの赤ちゃんを育てる育児は、思い通りいかなくて当然なので、心にゆとりを持つとよいかもしれません。一過性で終わるマタニティブルーと異なり、産後うつは心の病気です。セルフチェックで当てはまる点が多かった方は、パートナーなどに助けを求めるとともに病院で相談するようにしましょう。

まとめ
産後うつは、出産した女性の5人に1人を悩ませる心の病気です。憂鬱な気分が続く方は、紹介したポイントをチェックしてみてはいかがでしょうか。当てはまる点が多い方は、念のため病院で相談しましょう。