出産直後に離婚する夫婦もいます。その理由の一つが産後うつです。産後うつは出産後に起こるうつ病のことで、全体の10〜15%のママが経験するようです。今回は、離婚原因になることもある産後うつについて解説します。

産後うつとは?

産後うつとは産後に起こるうつ病です。出産をした女性の10〜15%に起こるといわれています。産後うつの症状が出始める時期には個人差があり、産後数カ月後のこともありますが、産後1〜2カ月以内に出始めることが多いようです。産後うつになると現れる主な症状は以下の通りです。

◆気分の落ち込み
◆イライラする
◆疲労感
◆不眠
◆食欲の変化
◆何に対しても楽しさを見いだせない
◆性への無関心
◆ネガティブ思考になる
◆罪悪感
◆不安感
◆人との関わりを避ける

産後うつと混同しやすいものにマタニティブルーがあります。マタニティブルーは出産直後の産後3、4日から現れ始める症状で、全体の50%のママが経験する気分の落ち込みです。イライラや不安を感じやすく少しのことで泣き出すなどの症状がありますが、産後10日ほどで治まります。産後うつは治療が必要です。2週間以上上記の症状が続く場合は、かかりつけの医師や保健師に相談しましょう。

産後うつが離婚原因になることも

最近では産後うつが原因で離婚に至る夫婦も多いようです。離婚に至るのは、主に夫の協力や理解が得られていない場合が多いです。怠けている、時間が解決するなど産後うつに対して誤った認識をしていることでママの苦しみを理解できないばかりか、産後うつに対してケアができず、その結果夫婦仲が急速に冷めて離婚に至るケースもあります。

産後うつになりやすい人とは?

産後うつはなりやすい人とそうでない人がいます。産後うつになりやすい人の特徴は以下の通りです。

◆完璧主義
◆まじめ
◆努力家
◆責任感が強い

性格上、失敗することが苦手で頑張りすぎてしまう人は育児や家事をすべて一人でやろうとします。そして上手くいかなかったときに、自分のことを責めてしまいます。夫や周りの人に助けを求めることができず、産後うつに陥るケースが多いようです。

産後うつの原因は出産による生活環境の変化が大きく影響しています。慣れない育児と、社会からの孤立感を感じて産後うつになるママが多いようです。家事や育児はすべて一人で背負い込まず、周りの人の助けを借りながら産後の生活に慣れていきましょう。