全体の10〜15%のママが産後に経験する心の病気が、産後うつです。一人目のときは感じなかったにもかかわらず、二人目を出産した際に起こることがあります。今回は、産後うつの主な症状について解説します。

産後うつとは?

出産した女性の10〜15%に起こるうつ病が産後うつです。産後1〜2カ月以内に起こることが多く、2週間以上以下の症状が現れます。

◆気分の落ち込み
◆イライラする
◆疲労感
◆不眠
◆食欲の変化
◆何に対しても楽しさを見いだせない
◆性への無関心
◆ネガティブ思考になる
◆罪悪感
◆不安感
◆人との関わりを避ける
◆絶望感

二人目の出産で産後うつになる場合も

産後うつの原因の一つとして、ホルモンバランスが挙げられます。初産でなくても出産によってホルモンバランスは大きく変化するため、一人目の出産時に産後うつを発病したかどうかに関わらず、二人目の出産で産後うつに陥る可能性は十分に考えられます。

(1)産後うつの発病経験がある場合
完璧主義者の人や周りの人に頼みごとをすることが苦手な人は、産後うつに陥りやすいです。産後うつの発症には少なからず性格も関わっているため、二人目の出産時にも再発する可能性があります。

(2)一人目では産後うつにならなかった場合
一人目を経験しているため自分は産後うつの心配はないと思っていても、産後すぐに上の子のイヤイヤ期が重なるなど育児が急に大変になることで産後うつに陥るケースがあるようです。一人目で産後うつにならなかった分、思うように動けない自分に自信を無くし、うつ状態に陥ります。

治療には家族の支援が必要

産後うつを治すためには家族の協力や理解が不可欠です。

(1)ママが産後うつであることを受け止める
まずはママが産後うつであることを知ったら、動揺せずに受け止めてあげましょう。

(2)産後うつを正しく理解する
産後うつに苦しむママを怠けていると感じたり、他のママと比べてはいけません。産後うつは治療が必要な心の病気です。産後うつの症状や治療法など基礎知識をしっかりと身に着け、ママの身に起きていることを理解しましょう。

(3)ママの話をよく聞く
産後うつの治療法の一つに対話療法があります。産後うつに陥った人は話を聞いてあげるだけでも症状の改善が見込めます。ママの話をよく聞き、支援を申し出たり、励まして支えましょう。

産後うつは10人に一人以上の確率で発症する心の病気です。一人目は大丈夫でも、二人目の出産で発症する場合があります。ママが産後うつを発症した場合は、家族が全力でサポートしましょう。