出産を経験した女性の10〜15%に起こる心の病気が産後うつです。妻が産後うつを発症した場合、夫には何ができるのでしょうか。今回は産後うつを発症した妻に対し、夫ができることについて説明します。

妻が産後うつを発症した場合に夫ができることとは?

産後うつはその名の通り産後に起こるうつ病で、出産をした女性のうち10〜15%が経験します。産後うつは産後3、4日以内に起こる一過性のマタニティブルーとは異なり治療が必要な病気で、夫をはじめとした家族のサポートが必要不可欠です。

産後うつの正しい治療を受けるために、まずは医療機関での診察を勧めてみましょう。以下の症状が2週間以上続いている場合は早めの受診をおすすめします。
産後うつの治療法の一つに対話療法があります。妻の気持ちに寄り添い、話を聞いてあげるだけでも症状の改善が見込めます。

時には産後うつになった妻の言動や行動に振り回されてしまうこともあるでしょう。早く快方に向かうことを願っていても、責め立てるなどの対応をしてはいけません。周りの人が善意で起こしている行動でも、本人には精神的負担でしかない場合もあります。まずは妻に寄り添って、産後うつであることや妻の気持ちをしっかりと受け止めてあげることが大切です。

受診を嫌がる妻に夫はどうするべき?

産後うつを治すためには、医療機関での治療が必要です。しかし、産後うつは自覚症状がないことも多く、本人が病院に行くことを嫌がる場合もあります。その場合は夫をはじめとした家族が別個に相談できる病院があるため、こちらを利用すると良いでしょう。しかしこの場合は患者本人を治療するわけではないため、健康保険の適用外となります。

産後うつは夫も発症する

女性だけがなるように思える産後うつですが、夫が発症する場合もあります。

(1)生活環境の変化
仕事で疲れていても、赤ちゃんの夜泣きが治まるわけではありません。睡眠不足などにより、産後うつが起こる場合があります。

(2)プレッシャー
親になり、子どもを養わなければならないというプレッシャーや、良いパパでいられるのかという不安を感じ産後うつを発症する場合があります。高すぎる理想は産後うつの原因になります。

(3)コミュニケーション不足
二人だけの生活の時には普通にコミュニケーションが取れていても、妻は産後赤ちゃんに全力を注ぎます。少しの会話やスキンシップが取れないこともあり、疎外感を感じて産後うつを発症することがあります。

産後うつは治療が必要な病気です。知識をしっかりと身に着け、妻や自分を産後うつから守りましょう。