出産をスムーズにするために骨盤が開きます。骨盤が開くと血管が圧迫され血流が悪化し、代謝が低下してしまいます。それにより産後は太りやすくなるため、酵素ドリンクなどで対策することが大切です。今回は、産後ダイエットにおすすめの酵素ドリンクについて紹介します。

そもそも酵素とは

酵素には食べ物を消化する役割を持つ消化酵素と、消化酵素により変換されたエネルギーを体内で利用する際に必要な代謝酵素があります。酵素により正常な代謝や酸素の供給などを行うことができます。食事では摂取することが難しい酵素を補い、代謝を高めて痩せやすい体質に変えることができるのが酵素ドリンクです。

間食を酵素ドリンクに置き換える

産後は授乳により1日約600〜800kcalを消費します。産後の体力が回復しないまま、育児によるストレスも重なり、間食をしてしまいがちになります。間食の菓子類を酵素ドリンクに置き換えることで、カロリーの過剰摂取による体重の増加を防げるでしょう。より満腹感を得たい場合は、炭酸水と混ぜて飲むことを推奨します。

産後ダイエットの補助として飲もう

酵素ドリンクにより代謝を高めることができても、糖質や脂質の過剰摂取は体重の増加を招きます。酵素ドリンクは産後ダイエットの補助として飲みましょう。また、消化酵素の働きを活性化させるために、食後6時間以内に飲むことを推奨します。仕事の都合などにより食後6時間以上空く場合は食前に飲みましょう。

カロリーを消費するためには運動が必要です。産後は身体の状態が回復していないため、約2カ月間は安静にしなければなりません。産後2カ月頃から軽いウォーキングやエクササイズ、ストレッチなどを始めましょう。

食品から食物酵素を摂ろう

唯一食品から摂れるものが食物酵素です。消化酵素の働きを補助する食物酵素は、生野菜や果物、刺身、納豆や味噌などの発酵食品から摂れます。消化酵素の補助をすることで消化酵素の量に余裕ができると代謝酵素として働きます。代謝酵素には身体の機能の維持だけではなく、肌や胃腸の調子を整える働きがあるため、産後の健康状態を維持するために積極的に食物酵素を摂ることが大切です。

<まとめ>
酵素ドリンクを飲むことで、代謝を高めて痩せやすい体質を作れます。ただし、酵素ドリンクを飲めば痩せる訳ではありません。脂肪分や糖分が少ない食事を心がけ、産後2カ月頃から軽い運動を始めましょう。