出産で骨盤が開くことで血管が圧迫され、代謝が低下することに加え、身体にさまざまな不調が現れます。産後ダイエットを成功させるためには、骨盤矯正や食事制限、運動などが必要です。帝王切開の場合に、産後ダイエットを成功させる方法について解説します。

身体の状態が回復するまで安静にする

帝王切開での出産後は歩くことも困難です。産後約1カ月間は傷の回復を最優先にしましょう。産後1カ月頃に健診があるため、医師に産後ダイエットを始めてもよいか確認が必要です。その際には、具体的にどのような運動や体操であれば可能か確認しましょう。

産褥体操から始めよう

産後6カ月間は比較的痩せやすいと言われています。まずは産褥体操という身体に負担が少ないエクササイズを行いましょう。産褥体操をすることで、次のような効果を得られます。

(1)骨盤を引き締める

(2)血行を促進させる

(3)むくみを解消

(4)母乳の分泌を促進させる

簡単な胸式呼吸と腹式呼吸から始めましょう。胸式呼吸では、両手のひらをみぞおちの辺りに置き、息を吸うと共に胸を広げるイメージを持ち、吐く際に胸をすぼめるイメージを浮かべて呼吸します。腹式呼吸では、両手のひらを腹部に置き、下腹部に空気を溜めるように少しずつ息を吸い、腹部を凹ませながら息を吐きだします。これをそれぞれ5〜6回行いましょう。

次に首のストレッチをしましょう。背筋を伸ばし、首を前後に少しずつ倒しつつ深呼吸をします。首周りの筋肉が伸ばされているイメージを持つことが大切です。

代謝を上げる方法

産後ダイエットを成功するためには、代謝を上げて痩せやすい体質を作る必要があります。身体が冷えると血流が悪化し、代謝が悪くなります。帝王切開の傷の治りも悪くなるため、身体を冷やさないよう温かい飲料や根菜類の摂取を心がけましょう。

骨盤の歪みを矯正し、正しい位置に戻るよう誘導することで、少しずつ代謝が元の状態に戻ります。骨盤矯正ベルトや産後ガードルの中には、帝王切開による出産後でも着用できるような腹部を刺激しないものもあります。必ず医師に着用してもよいか確認しましょう。

<まとめ>
帝王切開の場合に産後ダイエットを成功させるためには、傷の治癒を最優先に考える必要があります。無理をして傷が開くと、産後ダイエットを中断しなければなりません。痩せやすい産後6カ月までに、産褥体操や骨盤矯正、食事制限や運動によりダイエットする必要があるので、無理はしないようにしましょう。