産後は授乳や抱っこ、夜泣きへの対処などに追われ、運動をする時間や体力が残らない場合があります。そのような場合は、できるだけ痩せやすい体質を作り、規則正しい食事を摂ることが大切です。今回は、運動なしで産後ダイエットを成功させるためのポイントについて解説します。

規則正しい食生活をおくる

授乳中は1日600~800kcalを消費すると言われているため、過度な食事制限や運動は必要ありません。過度な食事制限は母乳の栄養値や分泌量の低下を招く恐れがあります。また、食事を抜くことも推奨できません。1日3食欠かさず摂ることが大切です。食事を抜くと、身体がエネルギーを蓄えようとして代謝が大きく低下します。

運動なしで産後ダイエットを成功させるためのポイントは、1日3食規則正しい食事を摂ることです。そして、代謝を高め痩せやすい体質を作る次のような栄養素が含まれた食品を摂りましょう。

(1)亜鉛
(2)マグネシウム
(3)ビタミンB群
(4)ビタミンC
(5)水溶性食物繊維
(6)オメガ3脂肪酸

余分なカロリーの摂取を避ける

間食はカロリーオーバーに繋がるため、できるだけ控える必要があります。しかし、無理に我慢するとストレスが溜まり、自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れる恐れがあります。菓子類は避けて、代謝を高める働きがある食物酵素が多量に含まれた次のような果物を摂りましょう。

(1)リンゴ
(2)キウイ
(3)バナナ
(4)アボカド
(5)イチゴ

日中に最も多くカロリーを消費するので、朝食を最も多く摂り、夜はカロリーの摂取を控えましょう。炭水化物や糖質を多く含む食品は日中に摂り、夜は野菜メインの献立にすることがポイントです。

骨盤矯正で痩せやすい体質を作る

開いた骨盤により血管が圧迫されると、血流が悪化して代謝が低下します。骨盤は少しずつ閉じていきますが、歪みが生じていると正しい位置に戻らない恐れがあります。慢性的な代謝の低下を招くことになるので、骨盤矯正用のガードル、ニッパーなどを着用し矯正することが大切です。

<まとめ>
運動なしで産後ダイエットを成功させるためには、代謝を高めて痩せやすい体質を作り、栄養バランスがとれた食事を摂る必要があります。産後は骨盤が開いていることで代謝が低下しているため、一度の過度なカロリー摂取が体重増加を招きます。毎日体重計に乗り、産後ダイエットのモチベーションを維持しましょう。