妊娠中から着用できるトコちゃんベルトは、産後ダイエットにも役立ちます。お腹に巻き付けるため、帝王切開で出産をした場合は工夫が必要です。今回は、産後ダイエットの際にトコちゃんベルトを着用するメリットについて解説します。

トコちゃんベルトを着用するメリット

トコちゃんベルトを着用することで、骨盤の歪みを改善させて骨盤が閉じる動きをサポートすることができます。産後は出産方法に関係なく骨盤が開いているので、帝王切開で出産した場合も着用しましょう。

トコちゃんベルトは腹巻の上に着用しましょう。ただし、肌に密着する腹巻を着用すると、トコちゃんベルトの効果が半減するため注意が必要です。そして、トコちゃんベルトが緩まないようにショーツを履きます。帝王切開による出産後に着用する場合は、タオルやガーゼを腹巻の上から傷口に当てて、その上からトコちゃんベルトを巻きましょう。そうすることで、傷口への負担を軽減できます。痛みが強い場合は無理をせず着用を控えましょう。

サイズの選び方

トコちゃんベルトはジャストサイズで着用しなければ十分な効果を発揮できません。次の方法で着用部位のサイズを測りましょう。

(1)背筋を伸ばして立ち、恥骨の上あたりのサイズを測りましょう。

(2)メジャーを固定したまま仰向けになります。腰からお尻の間に座布団など敷物を入れて、床から15〜20cm浮かせましょう。

(3)そのまま約5分間安静にし、時々膝を左右にゆすります。

(4)約5分後に再びサイズを測り、1回目に計測したサイズとの平均値でトコちゃんベルトを選びましょう。

トコちゃんベルトの着用時間

骨盤矯正ベルトの種類により、着用可能時間が異なります。動いているときのみ着用するものが多いですが、トコちゃんベルトは24時間着用可能です。しかし、着用することで睡眠が妨げられる場合もあります。着用することで不快に感じる場合は外しましょう。

着用期間の目安は産後2〜3カ月ですが、寒い季節になると血流が悪化することで腰痛が再発する恐れがあるため、捨てずに保管しておくことを推奨します。

<まとめ>
帝王切開による傷が痛む間はトコちゃんベルトの着用を控えましょう。痛みが和らいでから傷口に負担をかけないように着用することが大切です。また、24時間着用し続けることが可能ですが、不快感がある場合は外しましょう。