自然とのふれあい

兵庫県は11月3日文化の日に、芦屋市総合公園で、「森の子育てひろば 公園の自然とあそぼう!」を開催します。

同イベントは昨年度、尼崎の森中央緑地で開催され好評を博しました。参加する親子は森の自然の中で協力し合いながら、ネイチャーゲームやクラフトを楽しむことができます。

対象は3才以上の未就学児と保護者の2人1組。参加費無料で、定員は20組40名。県のホームページから参加申請が行えます。

兵庫県の環境政策

同県は、瀬戸内海、大阪湾、尼崎臨海地域において、「森と水と人が共生する環境創造のまち」づくりを目指しています。

開発によって失われた自然・動植物の生態系を復活し、また環境に配慮した循環型の都市づくりを進めていくことで、自然環境、住環境それから産業活動の在り方を、最適化していこうという試みです。

同地域における森づくりもその計画の一部となっています。

イベントのプログラム

親子で森の自然に親しんでもらうことで、子どもの体験学習を手助けするとともに、森のある同地域の魅力を、参加者を通じて県民に知ってもらうことにもつながります。

同イベントでは、「森の中のまちがいさがし」や「同じ葉っぱをみつけよう」など森を散策しながら行うゲームや、森で拾った葉や木の実を組み合わせて自分だけの宝石箱をつくる、簡単なクラフトワークなどが行われる予定です。

参考サイト

兵庫県 ホームページ