葉酸は、妊娠初期の胎児の正常な発育のために重要な栄養素の一つです。葉酸は、妊娠初期だけでなく、妊娠中期にも摂取すると良いことをご存知でしょうか。今回は、妊娠中期に葉酸をどのくらい摂取すると良いかを解説します。

葉酸は妊娠中期も摂取すべき

葉酸はビタミンB群の一種で、細胞や赤血球の生成、胎児の発育などに欠かせない栄養素の一つです。妊娠初期に葉酸が欠乏すると、脳や神経が正常に形成されず、無脳症や二分脊椎などの先天異常を引き起こすリスクを高めることに繋がります。そのため、厚生労働省は妊活中から妊娠3カ月までの妊婦に対して、通常の約2倍の葉酸を摂取することを推奨しています。

このように、妊娠初期に葉酸が必要なことは広く知られていますが、実は葉酸は妊娠中期にも必要な成分です。 妊娠時には最大限の赤血球増産体制にあるので、鉄の需要が高まり鉄欠乏性貧血になります。 貧血による体の辛さや、酸素を届けられなくなることによる胎児の発育の遅れを防ぐためにも、妊娠中期に葉酸をしっかりと摂取しましょう。

妊娠中期はどのくらいの葉酸を摂取する?

葉酸は、レバーや青菜類の野菜などに多く含まれますが、食品中の葉酸は調理の過程で失われたり胃酸に分解されたりして体に吸収される量はわずかになってしまいます。そのため、厚生労働省では、食事からだけでなく吸収率の良いサプリメントで葉酸を摂取することを推奨しています。1日あたりサプリメントで400μg摂取すると良いといわれています。では、妊娠中期の葉酸の摂取量はどのくらいなのでしょうか。

厚生労働省は妊娠中期の葉酸の摂取量に関しては言及していませんが、サプリメントの場合は1日あたり240μg程度といわれています。サプリメントでなく食事のみで摂る場合は、調理や胃酸によって失われることを踏まえて、その倍の480μg摂るようにすると良いでしょう。

葉酸は摂りすぎも良くない

葉酸は妊娠中に必要な栄養素ですが、摂りすぎは良くありません。妊娠中期以降に葉酸を過剰に摂取すると、赤ちゃんが乳児喘息になりやすくなるという報告もあります。副作用が見られる可能性があるのは、葉酸を1日に1,000μg以上摂取した場合です。サプリメントで葉酸を摂取する場合は、1日分の使用量を守りましょう。

葉酸は、妊娠初期だけでなく妊娠中期も母体と胎児のために必要な栄養素です。妊娠中期には妊娠初期ほどたくさんの量の葉酸を摂取する必要はありませんが、食事に気を付ける、サプリメントを利用するなど葉酸が不足しないように気を付けましょう。