妊娠中期以降も積極的に葉酸を摂りつづけていると、過剰摂取が気になりますよね。葉酸を過剰摂取すると、どのような影響が現れるのでしょうか。また、どれくらい摂れば過剰摂取になるのでしょうか。ここでは、葉酸の過剰摂取について解説しています。

葉酸の推奨摂取量が減る妊娠中期

神経管閉鎖障害のリスクを下げるため、妊活中、妊娠初期は葉酸を積極的に摂るべきと考えられています。具体的には、成人女性の推奨摂取量240μgに400μgを追加することが勧められています。妊娠中期に入ると推奨される葉酸の摂取量は減ります。それでも、成人女性の推奨摂取量240μgに240μgを付加することが望ましいと考えられています。妊娠中期も葉酸を積極的に摂りましょう。

葉酸を過剰摂取するリスクは低い

葉酸を積極的に摂りつづけていると気になるのが過剰摂取です。健康への影響を心配してしまいますが、葉酸は水溶性ビタミンなので、摂りすぎても尿から排出されます。つまり、葉酸は過剰摂取のリスクが低いビタミンなのです。多少の摂りすぎであれば問題ではないので、妊娠中期以降も神経質にならず積極的に摂った方が良いと言われています。ただし、大量に摂取しつづけることはお勧めできません。

耐用上限量には要注意

葉酸を摂りすぎても尿から排出されるとはいえ、大量に摂りすぎると過敏症を起こす恐れがあります。葉酸の摂りすぎで過敏症を起こすと、蕁麻疹や呼吸障害、発熱などが現れます。思わぬトラブルにつながる可能性があるので、葉酸の過剰摂取には注意が必要です。「日本人の食事摂取基準」(2015年版・厚生労働省)によると、葉酸の耐用上限量は20代女性で900μg/日、30代女性で1000μg/日となっています。食事で葉酸を摂っている限り、耐用上限量を超える心配はありませんが、サプリメントから摂取すると簡単に超えてしまいます。妊娠中期以降に葉酸を摂る方は、推奨摂取量を守りましょう。

まとめ
葉酸の推奨摂取量は、妊娠中期以降で480μg/日です。摂りすぎても尿から排出されるので過剰摂取のリスクは低いですが、耐用上限量を超えて摂りすぎると過敏症を起こす恐れがあります。サプリメントを利用すると簡単に耐用上限量を超えてしまいますので、推奨摂取量を目安に摂取量をコントロールしましょう。