妊娠初期と同じく、妊娠後期も葉酸を摂った方がよいと言われています。しかし、妊娠初期と同じだけ摂る必要はありません。妊娠後期に勧められる葉酸の摂取量はどれくらいなのでしょうか。妊娠後期の葉酸摂取について詳しく解説いたします。

妊娠後期は1日480μgが目安

「日本人の食事摂取基準」(2015年版・厚生労働省)によると、成人女性に推奨される葉酸の摂取量は1日当たり240μgです。妊活中あるいは妊娠初期は、この量に1日当たり400μgを追加した方がよいと考えられています。この時期に神経管が作られるため、葉酸が不足すると神経管閉鎖障害を起こしやすくなります。妊娠後期になると、推奨される葉酸の摂取量は減ります。具体的には、1日あたり240μgを追加することが勧められています。妊娠後期に葉酸を摂る方は、1日当たり480μgを目安にしましょう。

妊娠後期に480μgの葉酸が勧められる理由

妊娠後期に480μg/日の葉酸摂取が勧められる理由は、赤ちゃんとママの健康を維持するためです。葉酸は、赤血球を作るために欠かせない栄養素です。不足すると貧血を起こしやすくなります。また、細胞分裂にもかかわっているので、不足すると細胞の新陳代謝が活発な消化管で不調を起こしやすくなります。これらのトラブルを避けるため、妊娠後期も葉酸を摂ることが勧められています。

葉酸の耐容上限量に注意

葉酸の摂取量を気にする方は、耐容上限量にも注意しましょう。水溶性のビタミンなので、摂りすぎても尿として排出されますが、あまりに摂りすぎるとトラブルを起こすことがあります。具体的に、過敏症を起こして蕁麻疹や発熱などを起こすことがあるのです。葉酸の耐容上限量は、20代女性で900μg/日、30代女性で1000μg/日です。通常の食事で耐用上限量を上回ることはほとんどありませんが、サプリメントを利用していると気づかない間に上回ることがあります。葉酸サプリメントを利用する方は、時々でよいので葉酸の摂取量を計算しましょう。

まとめ
妊娠後期に勧められている葉酸の摂取量は1日当たり480μgです。妊娠後期に葉酸摂取を勧められる理由は、赤ちゃんやママの健康を維持するためです。ただし、耐容上限量を超えて摂り続けると過敏症を起こす恐れがあります。サプリメントから葉酸を摂取していると、気づかない間に摂りすぎることがあります。サプリメントを利用する方は、摂取量に注意しましょう。