算数を楽しく学習できるアプリ

計算式や文章題を繰り返し学習する、『つめこみ式』が主流の算数。抽象的な数の概念を十分に捉えきれないまま問題を繰り返し解くことで、苦手意識を持ってしまう子どもが多い教科の1つです。

モバイル・インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社は、株式会社NTTドコモが提供している『dキッズ』向けのサービスで、目で見て触って学べる算数アプリ【うごくさんすう】の提供を開始しました。

このアプリは、暗記だけに頼らず、視角・聴覚・触覚の3つを刺激しながら感覚的に数量概念を身につけることができる「感覚教育」を実現しており、楽しみながら理解力や計算力を伸ばすことが期待できます。

幅広い年齢層に届くコンテンツ

親しみやすいキャラクターとアニメーションで数の概念や数式を分かりやすく表現、子どもが無理なく算数の学習に取り組むことができます。

未就学児から小学校3年生までのカリキュラムまで、文部科学省が定める学習指導要領に沿って分かりやすく構成しており、シンプルなメニューで学年ごとにステップを踏んで学べる設計になっています。

未就学児を対象とした入学準備のレッスンは、数の概念や数式などを親しみやすいキャラクターとアニメーションを使って、分かりやすく表現されています。

小学校1年生のレッスンでは、最初につまずく「繰り上がり」「繰り下がり」の考え方を視覚的にアプローチし、理解を促進します。

そして、小学校2年生・3年生のレッスンでは、教科書やドリルだけでは理解が難しい計算や分数も、アニメーションを使って楽しみながら理解を深めることができます。

子どもの進み方にあわせた『テスト』を配信

各学年ごとにレッスンで学んだ内容に沿った問題を『きょうのテスト』として毎日配信します。子どもの進み方にあわせて、毎日異なる内容が総合的に出題され、実際に学んだ内容を確実に確認できます。

また『きょうのテスト』の成績に応じてもらえるポイントで『さんすうツール』を利用できるようになります。これは、各学年で登場する「時間やものの単位の考え方・表し方」を実際に触って理解するためのコンテンツです。

時計や定規、九九の表、はかりのイラストに触れることで、数値の増減を感じることができます。

『dキッズ』の利用方法

『dキッズ』は、NTTドコモの『dマーケット(R)』のサービスとして提供しており、スマートフォンやタブレットを使いながら、豊富なコンテンツを通じて学習できる知育サービスです。

利用方法は、スマートフォンおよびタブレットから『dマーケット(R)』へアクセスし、『dキッズ』を選んで利用します。

対応機種はスマートフォン・タブレット(iOS7.1以上、Android OS4.0以上)で、372円(税別)の月額使用料がかかりますが、ドコモ利用者だけではなく他社の携帯電話・タブレットでも利用することができます。

ネオス株式会社のプレスリリース

dキッズ公式サイト