「出産後半年は痩せやすい」とよく耳にしますよね。出来るだけ早く、効率的に痩せたいというのが大半の女性の願いだと思います。産後ダイエットのカギを握るのが、妊娠出産でずれてしまった骨盤。骨盤矯正で産後ダイエットを成功させましょう!

骨盤って?ずれているとどんな影響があるの?

骨盤とは、膀胱や子宮、卵巣など女性にとって大切な臓器を守るよう取り囲んでいる骨のことです。女性の骨盤は出産の時や生理周期に合わせて開閉しており、ずれや歪みが生じやすいとされています。

自然分娩だけでなく、帝王切開で出産する場合でも、赤ちゃんが成長していき、体が出産の準備をする過程で骨盤がずれてしまっています。骨盤がずれていると、下半身の血行が悪くなり、脂肪が付きやすくなる、むくみやすくなる、便秘が起きやすくなるなどの悪影響が出ると言われています。この骨盤を正しい位置に戻すことが、産後ダイエットのポイントとなるのです。

手軽にできる、おすすめの骨盤矯正

整体でプロに骨盤矯正をしてもらうのもいいですが、育児をしながらだと、なかなかそのような時間を取ることも難しいですよね。でも諦めることはありません。骨盤矯正は自宅でも可能です!自分でできる骨盤矯正の方法には複数ありますが、その中から2つ、寝ながらできる体揺らしと、歯磨きをしている時など、ちょっとした空き時間にできる八の字エクササイズをご紹介します。

・体揺らし
1.仰向けに寝る。
2.両脚を曲げ、両腕で抱え込む。
3.そのまま前後に体を揺らす。

・八の字エクササイズ
1.まっすぐ立ち、両脚を肩幅くらいに開く。
2.手を腰にあて、腰を前後左右に動かす。
3.腰で八の字を描くように動かす。

骨盤矯正ベルトはいつからOK?

手軽にできる骨盤矯正グッズとして、使っている方も多い骨盤矯正ベルト。種類によっては出産後すぐ使えるものもありますが、帝王切開で出産された方は要注意。傷に当たってしまうようなら、回復するまで使用はやめた方がよいでしょう。自然分娩で出産された方も、着用することで痛みを感じたり気分が悪くなったりするようなら、しばらくは体を休めることを優先しましょう。ベルト購入時には、いつから使用可能なのかをしっかり確認しましょうね。

まとめ
ずれや歪みが生じていた骨盤を正しい位置に戻すことで、痩せやすくなるだけでなく、腰痛や生理痛の解消も期待できますが、産後間もないうちに無理して始めるのはNG。出産後は体を休めることを一番に考え、骨盤矯正は体がある程度回復してきた頃から始めるようにしましょう。