産後に頭痛に見舞われ、家事や育児が思うようにできない人もいるのではないでしょうか。では、産後に頭痛が起こるのはなぜでしょうか。ここでは、産後に起こりやすい2つの頭痛の主な原因や、手軽にできる対処法について説明します。

女性ホルモンのせい?産後の偏頭痛の原因

産後は人によってさまざまな身体トラブルや体調不良に悩まされますが、中でも頭痛が続くという人は多くいます。産後の頭痛の原因とはどのようなものでしょうか。

産後の頭痛の原因としてまず考えられるのは、ホルモンバランスの乱れです。女性は男性より偏頭痛(片側のこめかみの周りがズキズキと痛む頭痛)が起こりやすい傾向があり、偏頭痛はエストロゲンという女性ホルモンの影響を受けやすいといわれています。

エストロゲンは産後に分泌量が減少するため、ホルモンバランスが大きく乱れます。その影響で血管が拡張され、脈打つようにズキズキと痛む片頭痛につながるのです。

後頭部が痛くなる緊張型頭痛の原因は?

偏頭痛ではなく、産後に後頭部や頭部全体が痛くなる緊張型頭痛に悩まされるケースもあります。緊張型頭痛を引き起こす原因として考えられるのは、骨盤の歪みです。分娩時に最大限にゆるんだ骨盤は、産後に少しずつ閉じて元に戻りますが、少しの歪みもなく元通りになるのは稀だといわれています。

産後は授乳や抱っこなど赤ちゃんのお世話で前傾姿勢をとることが多く、骨盤が歪みやすくなります。骨盤が歪むと上半身や頸椎(けいつい)など全身に影響を及ぼし、神経や血管を圧迫します。そうすると、体液の巡りが悪くなり頭痛を引き起こしやすくなります。

また、授乳中は体内の水分が不足しやすく代謝が悪くなるため、産後はなおさら頭痛が起こりやすいです。

偏頭痛と緊張型頭痛は対処法が異なる

偏頭痛を解消するには、拡張した血管を収縮させるために首の後ろ側を、保冷剤を巻いたタオルなどで冷やすと効果的です。赤ちゃんが眠っている間は、なるべく自分も安静にして体を休めましょう。部屋を暗くして静かに過ごすのがお勧めです。

緊張型頭痛を解消するには、血行を促進させると良いです。偏頭痛の対処法とは異なり、首や後頭部、肩を温めると効果的です。体をほぐすストレッチも血流の改善に良いので、体調をみながら実践しましょう。

緊張型頭痛の原因が骨盤の歪みにある場合は、整体やカイロプラクティックで施術を受けるのがお勧めです。家事や育児に追われると、通院する時間が取れないと思いますが、その場合は市販の骨盤矯正ベルトを活用する方法もあります。

<まとめ>
産後の頭痛のうち、こめかみが脈打つような偏頭痛の場合は、ホルモンバランスの乱れが原因として考えられます。一方、後頭部が痛むような緊張型頭痛の場合は、骨盤の歪みが原因のひとつといわれています。偏頭痛は首の後ろ側を冷やし、緊張型頭痛は首や後頭部を温めるなど対処法は異なります。頭痛の症状や原因に合わせて適切に対処しましょう。