アレルギーの子どもをお持ちのママにとって毎日の買い物はとても気を使うものですよね。加工食品やお菓子、飲み物と一見原材料にはアレルゲンが入っていないようでも、生産時に同じラインで使用されていないかまで心配はつきないのではないでしょうか。

そんな気になるアレルゲンがチェックできるアプリがあります。外出時にも、家にある商品も口にする前にチェックできるから常に考える負担を軽減できますよ。

これ食べさせても大丈夫?

食べさせても大丈夫だと分かっているおやつを切らしていて、おでかけにおやつを持っていけないとき。近くにあるスーパーやコンビニでおやつが買えたらいいなって思いませんか?でも市販のおやつってアレルギーがあるとちょっと不安ですよね。

株式会社ウィルモアが運営するアプリ「アレルギーチェッカー」なら、商品にお子さんのアレルゲンが含まれているかどうか簡単にチェックすることができますよ。チェックの方法は、気になる商品のバーコードにカメラをかざすだけと楽ちんです。

その他に同アプリでは、同じ製造ラインに含まれるアレルゲンや、食品名、栄養成分、原産地も分かります。(情報公開されている商品に限ります。)2次原料、3次原料についても可能な範囲で掲載されます。

■ダウンロード

iOS アレルギーチェッカー
Android アレルギーチェッカー

チェックできるアレルゲンは27品目

どこでもアレルゲンチェックができる便利なアレルギーチェッカー、使い方もとってもシンプル。まずお子さんのアレルゲンにチェックをいれます。そしてチェックしたい商品のバーコードをカメラでかざすだけです。商品名でも検索ができますよ。

対応している商品は、91000点以上、チェックできるアレルゲンは27品目(9月28日現在)です。

卵、父、小麦、そば、落花生、えび、かにの表示が義務づけられているものはもちろん、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、バナナ、ごま、カシューナッツにも対応しています。

手作りが得意なママさんには、アレルギーの人向けのレシピも紹介されているので参考にしてみて。

食品選びをよりスムーズに

余談ですが、市販のおやつレパートリーを増やしたいママには、姉妹サイト「クミタス」もおすすめです。こちらはアプリではありませんが、アレルゲンを含まない食品をamazon、Yahoo!、楽天、セブンネット などのショップを横断して探してくれます。

また、アレルギーのお子さんをお持ちのママやアレルギーの人の体験談も読むことがでます。保育園や学校での給食の対応など悩みの解決に役立つかもしれませんね。

■ダウンロード

iOS アレルギーチェッカー
Android アレルギーチェッカー