赤ちゃんのうんちの色で胆道閉鎖症の可能性を判別

聖路加国際大学は9月29日、胆道閉鎖症を早期発見するための赤ちゃんの便色判別機能を備えたアプリ『Baby うんち』を開発・公開したと発表しました。

開発したのは臨床疫学センター 公衆衛生大学院設置準備室 講師 星野絵里氏を中心とした研究チームです。

『Baby うんち』は、Apple社のオープンソースフレームワーク「ResearchKit」を使用するアプリ。「ResearchKit」を利用することで、簡単にiPhoneユーザーがデータ提供に参加することができ、より多くの参加者を登録して研究を行うことが可能になりました。

登録できるのは、iPhoneを利用している生後2週から1か月の赤ちゃんのお母さん等。

このアプリでは、赤ちゃんのうんちの写真を撮影すると、その色からを胆道閉鎖症の可能性があるかどうかを判定。撮影したうんちの画像は、「うんちプロファイル」として保存され、子どものうんちの記録として健康状態の観察にも活用できます。

データ集積し、さらに科学的根拠に基づくシステムへ

胆道閉鎖症は、新生児の1万人に1人の割合で発症するとされています。

生まれつき、または生後間もなく肝臓と腸をつなぐ胆管がつまり、肝臓で作られた胆汁が腸に流れなくなる病気で、治療をしないと肝硬変や肝不全を引き起こします。

同大学は、このアプリで集積されていくデータから、胆道閉鎖症の子どもの便と健康な子どもの便色情報をさまざまな角度から分析して、さらなる科学的根拠に基づいた便色判別システムの構築を目指すとしています。

参考リンク

聖路加国際大学 ニュースリリース