授乳を毎日続けると、体力の消耗やストレスの蓄積などにより免疫力が低下し、風邪やインフルエンザなどの病気を発症する場合があります。授乳中に薬を服用する場合は、乳児への影響を考慮しなければなりません。今回は、母乳に移行する薬の量と授乳中の注意点について解説します。

母親が内服した薬が母乳に移行する

母乳は、乳腺中を流れる血漿に含まれたタンパク質や脂質で構成されています。血漿を濃縮している訳ではなく、一部の成分だけが乳腺組織に吸収される仕組みであるため、母乳に移行する薬の成分は極わずかです。

薬が母乳中に分泌され、乳児の身体に吸収されるまでに様々な過程があるため、具体的にどれだけの量の薬が吸収されているかを知ることは困難です。一般的に、母乳に分泌される薬は、母親が摂取した薬の量の1%以下だと考えられています。母親が摂取した薬の量の10%以下であれば乳児に健康上の問題は現れないといわれています。

授乳中に服用する薬の選び方

乳児に影響が出る可能性を踏まえて、薬を服用する必要性を十分に考慮しなければなりません。薬の必要性が認められた際には、主治医と小児科医に相談して使用する薬を選ぶことが大切です。

授乳の直後か、乳児が長時間の睡眠をとり始める直前に薬を服用することで、乳児への影響を最小限にできるといわれています。

薬により授乳中の服用の用法と用量が異なる

授乳していない時と同様の用法と用量で服用できる薬もあれば、授乳中は通常の半分の量しか服用できないものもあります。また、授乳中の一切の服用を禁じられている薬もあるため注意が必要です。

抗がん剤やモルヒネなどの麻薬、放射性物質を含む薬は母乳への分泌量が多いため、授乳中の服用を避けなければなりません。一般的に用いられる風邪薬や抗生物質、胃腸薬などは基本的に問題ないとされています。

母乳中に薬の成分が分泌されることを考えて治療を怠ると、体調が悪化し、授乳を続けることが困難になる恐れがあります。インフルエンザのような風邪とは異なる病気の治療薬でも授乳中に服用できるものがあるので、まずは医師に相談することが大切です。

<まとめ>
母親が服用した薬の成分は母乳中に分泌されます。しかし、薬の量の1%以下しか分泌されないといわれており、乳児に悪影響を与える心配はほとんどありません。薬によって母乳への分泌量が異なるので、薬は自己判断で選ばずに医師に相談して決めてください。