赤ちゃんのおしりを拭くと痛がる様子を見せたり、おしりを洗うときに泣く場合はおむつかぶれを起こしている可能性があります。おむつかぶれを起こさないよう、頻繁におむつを替えましょう。今回は、おむつかぶれの原因と対処法について解説します。

おむつかぶれの原因

おむつかぶれは、尿や便などで肌にダメージが与えられることが原因で起こります。

(1)尿
尿には老廃物や刺激成分が含まれており、排泄後しばらく経つと肌に強いダメージを与えるようになります。

(2)便
大腸菌や腸内細菌が含まれており、肌に触れることで刺激を与えます。特に、下痢のときの便は強い刺激を与えるため注意が必要です。

(3)汗
おむつを履いていると汗で発生した蒸気の逃げ場が無いため、蒸れやすくなります。蒸れると肌に傷がつきやすくなり、排泄物による刺激を受けやすくなります。

(4)摩擦
赤ちゃんの肌は薄くて刺激に弱いため、簡単に傷がつきます。

(5)カビ
蒸れることでカビが増殖しやすくなります。それにより乳児寄生菌性紅斑というおむつかぶれを起こします。均等なサイズの赤い湿疹が生じ、その周りには剥がれた白い皮膚がみられます。

おむつかぶれの対策法

おむつをできるだけ頻繁に取り換えることで、おむつかぶれを防ぐことができます。また、便のときだけではなく、尿だけの場合もおしりふきで拭いてあげましょう。そして、おむつを履かせる前におしりを十分に乾かすことが大切です。生後約3カ月頃までは尿や便の排泄回数が多く、1回の量は少ないことが一般的です。排泄したことに気づきにくいので、頻繁におむつの状態をチェックしましょう。

おむつの形にかぶれている場合は、おむつの材質が赤ちゃんの肌に適合していない可能性があります。違うメーカーのおむつに替えて様子を見ましょう。

シャワーで洗い流す

尿と便が混ざるとアルカリ性に傾き、特におむつかぶれを起こしやすくなります。この場合は次のように対処しましょう。

(1)便を柔らかい素材のおしりふきで拭き取ります。女の子の場合は尿や便に含まれた微生物が膣や尿道に入り込み、炎症を起こす恐れがあります。必ずお腹側からおしり側に向かって拭きましょう。

(2)おしりをシャワーで洗い流し、柔らかいタオルやガーゼで優しく水分を拭き取りましょう。

<まとめ>
赤ちゃんのおむつかぶれの原因は尿や便による刺激です。できるだけ頻繁におむつを替えることで、おむつかぶれを防ぎましょう。尿と便が混ざることでアルカリ性に傾き、肌への刺激が強くなるので、おしりふきで拭いてからシャワーで洗い流してあげましょう。