おむつ交換の途中で赤ちゃんが排泄してしまい、シーツや床を汚すことがあります。そのような事態に対処できるよう事前に準備しておくことが大切です。スムーズに交換できるよう、おむつ交換のコツを押さえましょう。今回は、おむつ交換の流れやコツ、注意点などについて解説します。

おむつ交換のコツ

おむつ交換の際には、途中で排尿や排便などをする恐れがあります。すぐに対処できるように、おしりふきやおむつ、汚物入れなどを事前に用意しましょう。床やシーツが汚れないように、おむつ替えシートを敷くことを推奨します。

おむつ交換は赤ちゃんに話しかけながら行いましょう。赤ちゃんの気持ちが落ち着き、スムーズにおむつを交換できるでしょう。キラキラと輝くおもちゃやカラフルなブロックなどを見せて楽しませると、おむつ交換を嫌がることがなくなるかもしれません。

おむつ交換の方法

おむつ交換の流れは次の通りです。

(1)テープタイプのおむつの場合は、新しいおむつをお尻の下に敷きます。パンツタイプの場合は新しいおむつを近くに置きましょう。

(2)おむつを剥がして赤ちゃんのお尻を上げ、おしりふきで拭きましょう。このとき、陰部のシワや脚の付け根など汚れが残りやすい部分を綺麗に拭くことが大切です。女の子の場合は、便が尿道や膣に入らないようお腹の方からお尻に向けて拭きましょう。

(3)太ももの内側にギャザーが入り込まないよう新しいおむつを履かせましょう。

おむつ交換の注意点

赤ちゃんのお尻を持ち上げる際に、両足を引っ張り上げてはいけません。赤ちゃんは関節部を痛めやすいので、膝の裏に手を当てて押し上げましょう。また、お尻の皮膚を傷つけないよう優しく拭きましょう。汚れが落ちにくい場合は、シャワーで洗い流すことを推奨します。

おむつ交換の際に赤ちゃんが泣く原因は次の通りです。

(1)強くお尻を拭かれて痛い

(2)遊びを中断させられたことが不満

(3)おむつ交換中に動くことができないことが不満

遊びの延長でおむつを交換していると思わせることが大切です。歌を唄う、お腹を触るなどしながらおむつを交換しましょう。

<まとめ>
おむつ交換をスムーズに行うために新しいおむつやおしりふき、汚物入れなどを事前に準備し、おむつ替えシートの上に赤ちゃんを寝かせましょう。女の子のおしりを拭く際には、膣や尿道に便が入らないようお腹側からお尻に向けて拭きましょう。遊びの延長でおむつ交換ができるよう、赤ちゃんを楽しませることがコツです。