赤ちゃんが自然と母乳を必要としなくなるまで授乳期間を設ける卒乳と違い、ママの意思で意図的に母乳育児を止める断乳はその後の胸に対するケアが特に重要です。今回は後々トラブルに陥らない、正しい断乳後のケアについて解説します。

大切な断乳後のケア

親側の判断で母乳育児を止める断乳は赤ちゃんだけでなく、ママにとっても大きな環境の変化です。今まで赤ちゃんに与えていた母乳は断乳を開始したからといってすぐ止まる訳ではありません。断乳後のケアを正しい方法で行わなければ、赤ちゃんに与えていなくても母乳が出続け、生理の再開が遅れるなどの影響を及ぼします。

断乳を開始した直後は母乳の分泌量が急には減らないため、1日1回のペースでお風呂上りなどに搾乳しましょう。その後、2日おき、3日おきというように搾乳の頻度を徐々に減らしていきます。初めは胸の張りを感じることもありますが、これに合わせて搾乳し続けると刺激になり、母乳の生成量は減りません。授乳の機会が減ると母乳の量は自然と減り、胸の張りも感じなくなります。

搾乳するときの方法はおにぎり絞りが良いでしょう。両手でおにぎりの形を作り、胸の外側から内側に向かって母乳を絞り出します。母乳が残っていると乳粕が溜まるため、搾乳する際は全て絞り取りましょう。

産婦人科などで行えるおっぱいクリーニング

断乳後のケアは自分で行う方法の他に産婦人科などで行えるおっぱいクリーニングがあります。胸の外側から母乳を上に押し出し、絞り残しがないように母乳を出し切るマッサージを施します。黄色味を帯びている粘性のある母乳が出て来たら、それは最後の母乳です。自分で断乳後のケアを完璧に行えるか少し不安・・・という方はかかりつけの病院か母乳外来のある産婦人科を受診するのも良いでしょう。

断乳後のケアを行わないと乳腺炎になることも

断乳後のケアを怠ると乳腺炎になる場合もあります。乳腺炎は母乳を運ぶ乳腺が炎症を起こしている状態です。初めは胸に痛みと共にしこりができ、悪化すると胸が張り、硬くなります。乳腺炎の主な症状は以下の通りです。

◆胸にしこりができる
◆胸に熱を持つ
◆胸を押すと痛みがある
◆腕を上げると胸が痛む
◆発熱
◆寒気
◆頭痛
◆関節痛
◆黄色い母乳が出る
◆胸が張り、硬くなる

断乳により乳腺炎が起こる場合は、生成された母乳が行き場を失い乳腺に詰まる急性うっ滞乳腺炎が考えられます。乳腺炎は初期の段階であれば冷やすなどして自宅で対処することができますが、胸が硬くなるまで悪化すると病院での処置が必要になります。このような事態に陥らないためにも、断乳後のケアは念入りに行いましょう。